なぜ、入社1年目の宣伝マンは『犬鳴村』で缶詰を作ったのか?【実録映画宣伝 犬鳴仁義】 - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/2/10 21:30

なぜ、入社1年目の宣伝マンは『犬鳴村』で缶詰を作ったのか?【実録映画宣伝 犬鳴仁義】

旧犬鳴トンネルがあらわれた!
旧犬鳴トンネルがあらわれた!

“日本最恐の心霊スポット”と呼ばれ、地元の人間でも近づくのをためらうという旧犬鳴トンネル。高く積まれたブロック塀の隙間から目を凝らすと、内部の様子が見えそうで見えない。ひんやりした空気のなか取材陣が圧倒されていると、KさんとTさんは折り畳みテーブルを出し、粛々と作業の準備を始めている。Tさんはテーブルから目線をそらさずに吐き捨てた。「やんないと終わんないスからね」。

Tさん「缶、詰めます」
Tさん「缶、詰めます」

彼女たちが持ち込んだ缶詰マシン、正確には家庭用缶ロール機という機械をご存じだろうか。知らない方はこの写真を見てほしい。

手前の缶でよく見えない、家庭用缶ロール機
手前の缶でよく見えない、家庭用缶ロール機
男子マインドをくすぐるものがある
男子マインドをくすぐるものがある

仕組みは至ってシンプルで、テーブルに固定させた本体に缶と蓋のパーツをセットし、ねじを回すと2種類のローラーによって缶が密閉されていくというものだ。使い方はネット上にわかりやすい解説が転がっているし、実際に使っている様子がわかる動画も複数アップされている。しかし困ったことに、ここは旧犬鳴トンネル。調べようにも電波が入らないのだ。

「やばい、全然わかんない」とKさんが説明書と格闘する。Tさんが呟いた「呪われてるんじゃないですか」のひと言も、このロケーションではまったく笑えない。

Kさん「いや違うでしょ」
Kさん「いや違うでしょ」
Tさん「そっちが違うんじゃないスか?」
Tさん「そっちが違うんじゃないスか?」

そのまま試行錯誤は30分も続き、2人の間には険悪な雰囲気が流れはじめる。なぜこんなことをしているのか。なぜこんな目にあっているのか。2人が目指した映画宣伝の世界は、もっと華やかだったはずだ。自問自答の答えは、彼女たちの背景にたたずむトンネルの奥に吸い込まれていく…。

始発で東京を発ち、重い荷物を背負い山道を登ってきた2人の顔には、疲労の色が浮かんでいた。疲れ果てて座り込んだKさんがため息をつく。「私たち、なにしてるんだろうね」。

Kさんのナチュラルなヤンキー座りは必見
Kさんのナチュラルなヤンキー座りは必見

同時期に宣伝会社に勤めはじめた2人は、チームとして映画宣伝に身を捧げてきた。小柄な外見に反し、持ち前のガッツでプロデューサーたちと渡りあうKさん。新卒ながら、学生時代には生徒会長まで務めたしっかり者のTさん。年齢は離れていても、まるで姉妹のようにお互いを補い合う2人は傍から見ていてもいいチームだった。

もうすっかりトンネルは背景と化した
もうすっかりトンネルは背景と化した

しばらくの沈黙のあと、「やりましょう、みんな待ってますよ」というTさんの言葉で2人は立ち上がり、作業を再開した。「ガチじゃないと意味ないんで」とKさんは缶を天高く掲げ、空気をしっかり詰めてTさんに手渡す。Tさんは缶に詰まった呪いの空気を逃さないよう、急いで蓋をして密封する。

やりましょう
やりましょう
「新鮮な呪いを…」
「新鮮な呪いを…」
「ふたしちゃろ!」
「ふたしちゃろ!」


撮影/黒羽政士


呪いに翻弄される姉妹の運命に絶句…『樹海村』予告編をチェック


【閲覧注意】誰も生きては出られない…『樹海村』特集【PR】

関連作品

  • 犬鳴村

    2.9
    303
    『呪怨』の清水崇監督が、心霊スポットとして名高い“犬鳴村”を描くホラー作品
    Amazon Prime Video