マイケル・ジャクソンの娘がキリスト役に!?豪華アーティストが出演する映画『Habit』とは|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
マイケル・ジャクソンの娘がキリスト役に!?豪華アーティストが出演する映画『Habit』とは

映画ニュース

マイケル・ジャクソンの娘がキリスト役に!?豪華アーティストが出演する映画『Habit』とは

マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソンが、インディーズ映画『Habit』でキリスト役を演じることが分かった。「Entertainment Weekly」などが報じており、大御所アーティストのドノヴァン・レイッチが製作を務め、ベラ・ソーン、ロック歌手のギャヴィン・ロスデイルなど多くのアーティストたちも参加している。

ジャネル・シルトクリフが監督を務める本作では、パリスがキリスト役を演じる一方、ソーンは危険な麻薬取引から逃れるため、シスターに扮装する熱狂的なキリスト教信者を演じているという。

他に出演がわかっているのは、ソフィア・コッポラ監督作『ブリングリング』(13)などに出演経験があるギャビン・ロスデイル、ロックバンド「ザ・キルズ」のジェイミー・ヒンスとアリソン・モスハート、モデルのアンドレア・ペジックなど。ドラマシリーズ「CSI:科学捜査班」のリビー・ミンツは、シルトクリフ監督と共同脚本、製作を務めると共に出演もしているとのこと。

これほど多くの音楽アーティストたちが集結したのは、ひとえにフォーク・ロック界の大御所、‟ドノヴァン”ことレイッチのプロデュースによるものだという。レイッチは「最高にロックなサウンドトラックを作るよ」と楽曲製作への意欲と共に、本作は「タランティーノ監督にインスパイアされている映画」とも話している。『Habit』はコロナウイルスによるロックダウン以前に撮影を終えており、すでに編集作業に入っているという。

キング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンの娘パリスは、ハリウッド業界で注目の若手女優として『グリンゴ/最強の悪運男』(18)やテレビシリーズに出演、偉大な父の血を継いでか、ミュージシャンとしても活動を始めている。パリスが演じるキリストとは一体どのようなキャラクターになるのか?続報を待ちたい!

文/編集部

関連作品

  • グリンゴ/最強の悪運男

    3.6
    395
    負け犬人生を歩んできた主人公がモンスター上司への復讐を企て一発逆転を狙う物語
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • ブリングリング

    3.0
    4
    エマ・ワトソン主演×ソフィア・コッポラ監督、ハリウッドセレブに憧れる若者窃盗団を描く
    U-NEXT Hulu