『パイレーツ・オブ・カリビアン5』はノルウェー人監督がメガホン!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/6/1 9:00

『パイレーツ・オブ・カリビアン5』はノルウェー人監督がメガホン!

シリーズ第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(11)の続編となる『Pirates of the Caribbean 5』(全米2015年7月10日公開予定)の監督に、第70回ゴールデングローブ賞及び第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた話題のノルウェー映画『コン・ティキ』(日本6月29日公開)でメガホンを取ったヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリが決定した。

シリーズ3作はゴア・ヴァービンスキー、そしてシリーズ第4弾はロブ・マーシャルと、いずれもアメリカ人監督がメガホンを取っていた。

5月初めに、ノルウェーの人類学者・探検家トール・ヘイエルダールの海洋冒険を描いた長編映画『コン・ティキ』で、その手腕を世界中に知らしめたヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ監督に白羽の矢が立っていると報じられていたが、この度、既にジョニー・デップとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーも承諾済みで、2人がメガホンを取ることを、Deadline.comが正式に明らかにした。

『キャッチミー・イフ・ユー・キャン』(02)のジャフ・ナサンソンが脚本を手がける同作の撮影は、2013年終わり頃から2014年初旬に開始されるが、これまでのアメリカ人監督が手がけたテイストとどう変わってくるのか、シリーズ第5弾の仕上がりが楽しみだ。【NY在住/JUNKO】