松岡茉優、20歳のサプライズ誕生祝いに照れまくり!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
松岡茉優、20歳のサプライズ誕生祝いに照れまくり!

映画ニュース 2015/2/18 19:53

松岡茉優、20歳のサプライズ誕生祝いに照れまくり!

長岡秀貴の同名ドキュメンタリー本を映画化した『サムライフ』(2月28日公開)のプレミア試写会が2月18日にスペースFS汐留ホールで開催され、三浦貴大、松岡茉優、加治将樹、柾木玲弥、山本涼介、森谷雄監督が出席。

ステージには2月16日に誕生日を迎え20歳になった松岡を祝って、『サムライフ』特製バースデイケーキが登場。サプライズでのお祝いに、松岡が「汗が!」と大照れの様子を見せた。

この日は出席できなかった出演者のマキタスポーツからバースデイソングを歌い上げたビデオメッセージが届き、松岡も驚きの表情。『サムライフ』特製バースデイケーキが運び込まれると、会場一体となってハッピーバースデイの歌を合唱し、松岡をお祝いした。

森谷監督が松岡の口に向かってケーキを一口差し出すと、松岡は「いただきます!」とパクリ。「おいしいケーキですね」と喜びながらも、「汗が!この服がベージュなので、汗がしみてくる前に早く去りたい!」と汗だくになって大慌て。会場も松岡が照れまくる様子に大爆笑だった。

本作は、元高校教師が理想とする教育現場を実現させるために元教え子らと共に奮闘する姿を描く物語。熱血の主人公・ナガオカ役を演じた三浦は「根がばれているのか、キャスティングされるのは暗い役が多いし、オーディションでも暗い役しか受かったことがない。こういう熱い役はなかなかないので、不安な部分も多かった」と告白。「実際の長岡先生にお会いすると、すごく魅力的で男が見てもかっこいい男。この人をこのまま表現したいなと思った」と役作りの過程を振り返った。

森谷監督が「構想に7年かけた」という本作。最後に三浦は「スタッフ、キャスト全ての人たちが主人公と同じように夢をもってつくりあげた作品」と力を込め、「何か皆さんの背中を押す、明日生きていく力になる映画になった」と熱くアピールしていた。【取材・文/成田おり枝】

関連作品

  • サムライフ

    5.0
    1
    理想の教育のために学校設立に挑む元教師と教え子の姿を描く実話ベースの人間ドラマ
    Amazon Prime Video U-NEXT