ツイスター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ツイスター

1996年7月6日公開,113分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨大なトルネード(竜巻)の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スペクタクル超大作。「ジュラシック・パーク」「フォレスト・ガンプ 一期一会」などの世界最高のSFX工房I.L.M.がCGIを駆使して手掛けた、竜巻の映像と音響の迫力が圧巻。監督は「スピード」のヤン・デ・ボン。脚本は「ジュラシック・パーク」「コンゴ」などの原作者でもある作家のマイケル・クライトンが妻のアン=マリー・クライトンと共同で執筆。製作は「マディソン郡の橋」のキャスリーン・ケネディ、イアン・ブライス、クライトンの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは、アンブリン・エンターテインメントの総帥スティーヴン・スピルバーグ、ウォルター・パークス、ローリー・マクドナルド、ジェラルド・R・モーレン。撮影は「マディソン郡の橋」のジャック・N・グリーン、音楽は「マネートレイン」のマーク・マンチーナ、美術は「パトリオット・ゲーム」のジョゼフ・ネメック3世、編集は「太陽の帝国」などスピルバーク作品の常連マイケル・カーンが担当。出演は「死の接吻」のヘレン・ハント、「アポロ13」の、「マージョリーの告白」のジャミー・ガーツ、「ジャングル・ブック」のケーリー・エルウェスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

竜巻を追う観測チームを率いる女性、ジョー・ハーディング(ヘレン・ハント)は、幼い頃に父親をすさまじい竜巻によって亡くしていた。その彼女を夫のビル(ビル・パクストン)が恋人のメリッサ(ジャミー・ガーツ)を連れ、離婚届けにサインを貰うために訪ねて来た。だが、ジョーに「ドロシー」と名付けられた竜巻観測機を見せられると、ビルの心は騒いだ。それはかつて、彼がジョーたちと同じ竜巻観測者だった頃に考案した機械で、軽い金属球を竜巻の中心に放出し、いまだ知られていない竜巻の内部の動きを調べるものだった。彼が研究半ばでうっちゃったものを、ジョーたちが完成させたのだ。ビルは成り行きからジョーたちのチームに同行することに。竜巻を追うのは彼らだけではなく、彼らの昔の仲間だったジョーナス(ケーリー・エルウェス)も豊富な資金にものを言わせ、ビルのアイディアを盗用した観測機を持って追っていた。自慢げに観測機をマスコミに披露する彼に、ビルは闘志を燃やした。2つのチームは激しい競り合いを演じたが、竜巻の追跡には天性の才能を持つビルたちが一歩先んじていた。小道を走るジョーとビルを、進路を変えた竜巻が襲う。2人は小さな橋の下に身をかがめて難を避けたが、「ドロシー」は車とも竜巻の餌食に。残りは3台。ジョーとビルはメリッサの車に移り、なおも竜巻を追う。湖水の水を吸い上げ、牛をも巻き込む竜巻は、合体してさらに巨大化していく。一行はワキタの町のジョーの叔母メグ(ロイス・スミス)を訪ねてしばしの憩いをとった。ビルは既に本来の目的を忘れ、竜巻チェイスに熱中していた。彼らの追跡はさらに続く。だが、その必死の努力をあざ笑うかのように、竜巻は「ドロシー」を叩き壊していく。氷雨の中、絶望に囚われそうになるジョーを励ますビル。その夜、ジョーは離婚届けにサインすることを決意した。だが一行が泊まった街にも竜巻は襲いかかってきた。ドライブイン・シアターのガレージで難を避けたジョーたちに、さらに恐ろしい報せが届いた。ワキタが竜巻に襲われたというのだ。メグの救出に向かおうとするビルに、メリッサはこれ以上ついていけない、と別れを告げる。ワキタの街は廃墟と化し、メグの家は崩壊寸前だった。ジョーとビルは、間一髪のところで中からメグを救出した。苦しい息の下からメグはジョーに、激励の言葉を送った。ジョーは、メグの家にあった風車の羽をヒントに、「ドロシー」に対する有効なアイディアを思いつく。アルミ缶を切って加工した羽を観測球に付けるのだ。一行は、今や最大級に成長した竜巻に挑んでいった。ジョーナスも後を追うが、ビルたちの助言も聞かずに突っ込み、犠牲となった。ビルとジョーは竜巻の進路に先回りし、「ドロシー」が中心部に来るように設置した。ジョーのアイディアは成功し、データが次々と送られてきた。だが、逃げ遅れた2人を竜巻が襲う。彼らは暴風の中、農家の小屋に体を縛りつけて竜巻が通過するのを待ち、九死に一生を得た。

作品データ

原題
Twister
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
113分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2020/5/4

    脚本にマイケル・クライトンが夫婦で参加。クライトンと言えば、古の「ウエストワールド」(ロボット遊園地反乱)を自ら換骨奪胎した「ジュラシックパーク」(恐竜遊園地反乱)で、すっかりスピルバーグ組になった感あり。本作は製作アンブリン・ピクチャーズ、エグゼクティブ・プロデューサーにスピルバーグ。監督は「スピード」のヤン・デ・ボン。
    正直、竜巻なんて難しいものをよく映画化したと感心。
    だが、よくも悪くも、竜巻と人間ドラマがかみ合わない。普通にパニック映画として撮ればいいのを、純粋な研究者、研究をビジネスにしようとする悪者たちの戦いにしている。これにヒロインのヘレン・ハントと、別居中の夫ビル・パクストン(「タイタニック」ではひげ面で誰だか分からない)の愛情物語や、竜巻現場までのこのこついて来た、パクストンの婚約者の精神科女医が絡む三角関係と、盛りだくさん。これをカメラマン(「ダイ・ハード」)出身のヤン・デ・ボンが上手く料理出来る訳がない。
    映画はかなりの薄味で、例によって、スピルバーグの趣味を前面に出した、「オズの魔法使い」から名付けた「ドロシー」号を使った竜巻予報が上手く行くかが焦点となる。CGによる竜巻がそれほど迫力がなく、1人気を吐く、ヘレン・ハントの熱演により、何とか最後まで見続けていられる。
    ハントのフィルモグラフィーを見ると、古くは1977「ジェット・ローラー・コースター」にも出演!ジェットコースターに爆弾を仕掛けるサスペンス物で、乾いたタッチで面白かった覚えがある。
    本作後、2000年を境に、特にジャック・ニコルソン共演の「恋愛小説家」でオスカー受賞以降は、ぐんと引き合いが増える。「ハート・オブ・ウーマン」や「スコルピオンの恋まじない」と言った、人間臭いドラマで活きる女優である。本作も確かに人間臭い部分はあるが、竜巻を観測・予報したら何が凄いのか?が最後までピンと来ない、消化不良な作品。
    正直監督のヤン・デ・ボンには荷が重い。また、企画自体、無理があったと思う。

    違反報告