大頭脳|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大頭脳

1969年8月9日公開,115分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェラール・ウーリー、マルセル・ジュリアン、ダニエル・トンプソンのシナリオを、「大追跡」「大進撃」のジェラール・ウーリーが監督したコミカル・アクション。撮影はウラジミール・イバノフ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「素敵な年頃」のデイヴィッド・ニーヴン、「オー!」のジャン・ポール・ベルモンド、「モンテカルロ・ラリー」のアンドレ・ブールビル、「マッケンナの黄金」のイーライ・ウォラックほか。製作はアラン・ポワレ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

グラスゴーとロンドン間の列車強盗事件の首謀者ブレイン(D・ニブン)のことが、センセーショナルに報道されているパリ。タクシーの運転手アナトール(アンドレ・ブールビル)は、かつての相棒アルトゥール(J・P・ベルモンド)を、刑期満了の四日前に脱獄させた。というのは二日後には、一世一代の大仕事が待っていたからだ。その仕事というのは、NATOが、パリからブリュセルへ運ぶ秘密軍事資金をいただこうというのだ。ところがなんと、ブレインも、その資金を狙っていた。彼は、その名も頭脳というほどのキレ者。自らの脳ミソの重さで、時々、首が曲がってしまうくらいである。この二組が、同じ日、同じ時間、同じ場所で列車襲撃を計画したのだから、これはまた、なんたる偶然。しかも、かつてブレインの共犯者でシシリーのマフィアのボス、スキャナピエコ(I・ウォーラック)も加わった。彼にはソフィアという美しい妹があり、彼女を病的なほどに愛している。その彼女にブレインが恋をしてしまったのを知り、嫉妬心も手伝って、ブレインに一杯喰わそうという算段だ。さて決行の日。まず、金袋はアナトールとアルトゥール組の手に渡った。だがそこはチンピラの悲しさ、ブレインの頭脳にはかなわない。かくして大金は、パリからベルギーへ、さらにロンドンからシシリーを通ってニューヨークまで行ってしまった。大西洋上の豪華船の船上に札束は舞い、すべて元の木阿弥。三巴の勝負は引き分けとなった。しかしながらブレインはアナトールとアルトゥールの敵ながら、あっぱれの働きに目を細め、次の大仕事には手を組もうと持ちかけるのだった。

作品データ

原題
The Brain
映倫区分
G
製作年
1969年
製作国
フランス イタリア
配給
パラマウント
上映時間
115分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?