遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド
遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド

遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド

1988年7月26日公開、60分、アニメ/コメディ/SF
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

近未来の宇宙を股にかけて遊び人・ゴールドの活躍を描く「遠山の金さん」のパロディ・アニメ。陣出達朗、結城恭介(文)原作の同名漫画の映画化で、脚本は酒井あきよしが執筆。監督は梅津淳稔、作画監督・キャラクターデザインは「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の北爪宏幸がそれぞれ担当。主題歌は、藤井一子(「刺青レイディ」)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

近未来、日本の各都市とスペース・コロニーは巨大コンピュータ・EDOによって管理されていた。そして、5人の執政官が政策に当っている。ゴールドの父で執政官のレトラードが家に帰ると爆発が起こった。ゴールドも恋人のミディとデート中に襲われ、勘当の身ながら犯人探しに乗り出した。背中の桜吹雪の刺青が黙っちゃいないそとばかりに、ゴールドの活躍によって事件は一件落着するのだった。

作品データ

製作年
1988年
製作国
日本
配給
徳間ジャパン
上映時間
60分
製作会社
徳間書店
ジャンル
アニメコメディSF

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?