赤毛布恋の渦巻:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
赤毛布恋の渦巻
赤毛布恋の渦巻

赤毛布恋の渦巻

1928年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「四人の息子(1928)」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏の監督作品で、「アビーの白薔薇」「お針娘バーサ」のJ・ファーレル・マクドナルド氏が主演する映画である。フレッド・スタンリー氏とジェームズ・グルーエン氏とが協力して書卸したシナリオによったものである。「速成恋愛術」のルイズ・ファゼンダ嬢、「青春万歳(1928)」のデイヴィッド・ローリンス氏、「光明の彼岸へ」のナンシー・ドレクセル嬢が、助演するほか、トム・ウィルスン氏、ビリー・ビーヴァン氏、等も出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ライリーは彼の受持区域で評判のよい警官であった。彼の仲良しはパン屋の小僧アヴィッドと区内の金持の独娘メリーとである。デイヴィッドとメリーとは思想の間柄で、パン屋の息子クウチェンドルフはそれを焼餅やいていた。メリーが伯母と欧州漫遊に出かけると、デイヴィッドは己れが貯金を全部引出して旅費にあて恋しいメリーの後を追いかけた。その留守にパン屋に5千ドルの消費事件が起った。疑は当然デイヴィッドにかかり、彼はドイツで官憲に捕えられる。一方ライリーはある事件から職務怠慢のかどで免職になったが、署長の同情で私立探偵となりデイヴィッドを受取りに欧州へ出かけることとなる。彼はドイツでデイヴィッドの引渡しを受け、その帰途リナという女と恋仲となり、末を約して米国へ引返す。その船中で彼はデイヴィッドが無罪であったという電報を受取った。ライリーは初めて重荷を下ろす思いがした。所で、ライリーは無事デイヴィッドを送還したので復職を許され、今はただリナの来訪を楽しみにして待つだけとなった。

作品データ

原題
Riley the Cop
製作年
1928年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
フォックス映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?