グローイング・アップ7 恋の卒業パーティ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
グローイング・アップ7 恋の卒業パーティ
グローイング・アップ7 恋の卒業パーティ

グローイング・アップ7 恋の卒業パーティ

1987年10月3日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

おなじみベンジー、ボビー、ヒューイの3人の青春模様を描いたシリーズ第7弾。製作はサム・ウェインバーグ、監督はウォルター・ベネルト、脚本はアントン・モホとイーサン・エヴァン、撮影はハノス・ポラックが担当。出演はイフタク・カツール、サッキ・ノイほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヒューイ(サッキ・ノイ)の両親がヴァカンスに行くことになり、ベンジー(イフタク・カツール)とボビー(ジョナサン・シーガル)の3人は、夏休みを思いっきり楽しもうと考えていた。乱痴気パーティを開いたところ、集まったのがひどい連中で、車が電柱に激突して破損、修理に600ドルもかかることになってしまった。両親が帰ってくるまでの2週間に、アルバイトでかせぐ3人。ベンジーはプールサイドのバーテンダー、ボビーはベッドメイク、ヒューイは厨房と、ビーチ・ホテルで働き始める3人。がそれぞれ生来の女好き、3人とも、同じ年頃の美しいギャルに注目。そのギャルは、以前からベンジーが憧れていた片思いの相手だった。しかし彼女には見合相手がすでにいた。ボビーとヒューイはベンジーと彼女を結びつけようとハリキるのだった。

作品データ

原題
Young Love: Lemon Popsicle
製作年
1987年
製作国
イスラエル アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分
製作会社
キャノン・フィルム作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?