ゴジラVSキングギドラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴジラVSキングギドラ

1991年12月14日公開,102分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

超ドラゴン怪獣キングギドラと対決するゴジラの死闘を描くシリーズ第十八弾。脚本・監督は「満月(1991)」の大森一樹。特技監督は「ゴジラVSビオランテ」の川北紘一。撮影は「リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち」の関口芳則がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ゴジラがビオランテによって日本海に追われてから約1000日が過ぎた1992年、東京上空に巨大なUFOが出現。そこには2204年から来たという未来人グレンチコ、ウィルソン、エミーが乗っていた。21世紀に復活するゴジラに破壊された原子力発電所の核汚染によって、23世紀に人類が死滅すると予言する彼らは、恐竜が核実験でゴジラ化する前にワープし、ゴジラを歴史上から消滅させようと計画。ルポライターの寺沢らを仲間に加え、一九四四年のラゴス島へワープし、ゴジラの誕生をくい止める。だがそこへ三匹の小動物を残してきたことから、それがキングギドラとなって現代によみがえり、日本は再び恐怖の底へ。彼らの本当の目的は、赤字国の国土まで買い占める超大国になった23世紀における日本の国力を低下させるためにあったのだ。しかしエミーは彼らの計画に内心反発しており、寺沢達にその計画を打ち明けた。そのころベーリング海で原子力潜水艦が原因不明の遭難事故を起こす。未来人によりラゴス島の恐竜はベーリング海へトランスポートされていたのだった。そして、一度は消滅したゴジラが、キングギドラの出現に引き寄せられるかのようによみがえった。そして死闘の末、ゴジラはキングギドラを倒すが未来人の手によってキングギドラは“メカ・キングギドラ”となって復活。両者は再び対決しメカキングギドラはゴジラに破壊され、ゴジラもまた海底に姿を消すのだった。

スタッフ

田中友幸

製作

富山省吾

プロデューサー

大森一樹

脚本、監督

川北紘一

特技監督

関口芳則

撮影

江口憲一

特技撮影

大根田俊光

特技撮影

伊福部昭

音楽

酒井賢

美術

大澤哲三

特技美術

宮内一男

録音

粟木原毅

照明

斉藤薫

特技照明

工藤勝彦

スチール

池田美千子

編集

米田興弘

助監督

鈴木健二

特技助監督

徳増俊郎

製作担当者

岩瀬政雄

音楽プロデューサー

大野映彦

音楽ミキサー

宮川光男

特殊機械

鹿山和男

特殊機械

丸山勝治

装置

笠原良樹

装置

田中秀典

組付

田代昭男

装飾

河原正高

装飾

遠藤裕一郎

装飾

南沢修

装飾

稲畑秀男

電飾

飯野将貴

電飾

伊藤進一

音響効果

江口由紀子

記録

出川淳子

未来人衣装デザイン

稲毛英一

衣装

平内満喜子

ヘアーメイク

田中忠雄

俳優係

宇仁貫三

擬斗

小林知己

造形

松本光司

繰演

渡辺忠昭

特殊効果

小島太郎

特技製作担当者

小島耕司

特技背景

野村安雄

特技装置

中尾孝

特技スチール

東島左枝

特技編集

小川利弘

オプチカルスーパーバイザー

小野寺浩

オプチカルスーパーバイザー

松本肇

オプチカルスーパーバイザー

宮西武史

オプチカルスーパーバイザー

橋本満明

エフェクトアニメーション

渡辺義治

エフェクトアニメーション

吉澤一久

エフェクトアニメーション

西山明宏

エフェクトアニメーション

岸本義幸

オプチカルエフェクト

佐藤高典

オプチカルエフェクト

佐藤元

オプチカルエフェクト

木下良仁

モーションコントロール

藤下忠男

フォトエフェクト

泉谷修

フォトエフェクト

三瓶一信

マットペイントカメラマン

石井義雄

マットペインター

阿部健一

コンピューターグラフィックス

鵜沢洋之

コンピューターグラフィックス

大屋哲男

コンピューターグラフィックス

今井輝行

コンピューターグラフィックス

栗倉龍一

コンピューターグラフィックス

船沢世志保

コンピューターグラフィックス

荻原賢治

ビデオエフェクト

小谷野博

タイトル

山辺崇

特殊視覚効果プロデューサー

谷信弘

特殊視覚効果プロデューサー

山根秀吉

宣伝プロデューサー

堀内實三

宣伝係

松本衆三

宣伝係

北川忠利

照明機材

青木千恵

ネガ編集

福光衣久子

ネガ編集

桜井景一

特技協力撮影

棚網恒夫

特技照明機材

大朝和代

特技ネガ編集

破李拳竜

絵コンテ

西川伸司

キングギドラ・ドラット・メカ系デザイン

青井邦夫

メカニカルデザイン

吉田穣

ドラットデザイン

杉田篤彦

ストリーボード

隅谷和夫

デザインアドバイザー

村瀬継蔵

造形

品田冬樹

造形

小川正晴

メカ造形

生頼範義

宣伝ポスターイラスト

作品データ

製作年
1991年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?