ゴースト ニューヨークの幻|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴースト ニューヨークの幻

1990年9月28日公開,127分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

幽霊となっても愛する人を守ろうとする男の姿を描くファンタジックなラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・チャールズ・ジャフィ、製作はリサ・ウェインスタイン、監督は「殺したい女」のジェリー・ザッカー、脚本はブルース・ジョエル・ルービン、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はパトリック・スウェイジ、デミ・ムーアほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

銀行員のサム・ウィート(パトリック・スウェイジ)は恋人のモリー・ジャンセン(デミ・ムーア)と一緒に幸福な共同生活を始める。しかしモリーがサムにプロポーズした晩、2人を暴漢が襲い、モリーを守ろうとしたサムは撃ち殺されてしまう。地上を離れたサムの魂は天国へ行くことを拒否し、モリーをいつまでも見守ることを選ぶが、彼女に声をかけることさえできないのだった。ある日、サムは自分を殺した男を目撃し、その男がウィリー・ロペス(リック・アビルス)という名であることを知るが、それを伝える術もなく途方に暮れている所に、霊媒師オダ・メイ・ブラウン(ウーピー・ゴールドバーグ)に出会う。オダ・メイは詐欺まがいの行為で客の金を巻き上げるような女だったが、サムの言葉に反応した。そこでサムは彼女を説得し、モリーとの伝令役を引き受けてもらう。最初半信半疑だったモリーだが、オダ・メイがサムしか知らないはずのことを語るので信用し、そのことをサムの親友のカール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)に相談した。ウィリーの家に向かうカールの後をつけたサムはそこで、カールが、不当な金を銀行を経由させることで正当な金に見せかけるマネー・ロンダリングに関わっている事をサムに気づかれたと思い、ウィリーと共謀して自分を殺したことを知る。そしてサムがオダ・メイの手によってカールの秘密口座を解約したことで、サムが生きているのではないかと疑い始めたカールはウィリーと共に、モリーに襲いかかるが、サムとオダ・メイの助けによって救われ、カールはガラス窓に突っ込み死ぬ。モリーを助けるという使命も終わり、サムはモリーに愛を告げ天国に昇っていった。

作品データ

原題
Ghost
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント=UIP
上映時間
127分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2014/9/19

    二人で過ごす毎日が始まったばかり。
    こんなタイミングで死んでしまった彼。
    生前彼女にちゃんと伝えていなかった言葉。それを告げて天国へ旅立つ。こんなにも愛されたいと願う。

    共演のウーピー・ゴールドバーグ、良い女優さん。くるくる変わる表情は字幕なしで十分だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2009/9/21

    パトリック・スウェイジが亡くなったということで、この映画を観てみました。
    この映画は再見のはずですが、デミ・ムーアだけは、覚えていたものの、お相手役は全く忘れておりました。
    改めて観てみると、お二人はともかくとして、ウーピー・ゴールドバーグが圧倒的な存在感で、彼女なしでは成り立たなかった映画だと思います。
    ミステリー仕立てですが、観客には展開が読めてしまうので、彼女のコメディアルな演技が光っていますね。
    デミ・ムーアは、この映画でショートカットで中性的な魅力を出しており、原田知世みたいな雰囲気ですが、どうもこの後方向性を間違えてしまったように思うのは私だけでしょうか。
    そして、パトリック・スウェイジ、亡くなって、本当のゴーストになってしまった方には申し訳ありませんが、この後の活躍は覚えていません。ご冥福をお祈りします。

    違反報告