ダ・ヴィンチ・コード|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダ・ヴィンチ・コード

2006年5月20日公開,150分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的なベストセラーとなったダン・ブラウンの同名小説をトム・ハンクス主演で映画化。レオナルド・ダ・ビンチの名画に隠された暗号の謎を追う大学教授の姿を描くミステリー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ルーヴル美術館の館長が変死し、ハーバード大教授のラングドンは、死体の周りに残された暗号の中に名前があったことから容疑者に。やがて疑いの晴れた彼は、館長の孫で暗号解読官のソフィーと暗号の謎を解こうとする。

作品データ

原題
The Da Vinci Code
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
150分

[c]2005 SONY PICTURES DIGITAL. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/9/8

    多少の興味や知識があれば思いははるか遠くにはせる事が出来る。そんな歴史ロマンがあってストーリーも映像も良かったです。現在とイエスが生きた時代とを行ったり来たりしながら謎解きをしつつ、誰が味方なのか分からないドキドキもあって面白かったです。教会の荘厳さも素晴らしかった。
    ただソフィーがイエスの末裔だと早くに分かってしまった人は多いのでは?私はその一人。だから最後にソフィーが自分の事を知らされ愕然とするのがおかしな感じだった。
    ジャン・レノがもっと絡んできて欲しかったなぁ。しかしながらぜひ続編も見たいと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    5.0
    2006/10/15

    小説にどっぷりはまったので、小説を超えることは無いという思いで観ました。
    確かに小説には劣りますが、それはこの映画にかぎらず、活字の持つ想像力や創造性の広がりは個人の中で際限の無いものなので、仕方がないことでしょう。
    キャストのイメージの違いや、自分の中でのクライマックスの置き方など、ここは省いて欲しくないというエピソードも削られていたり。
    それでも映画としては良い出来だったと思います。
    テンポよく、わかりやすいエピソードが連なり、ほとんど予備知識が無くても充分楽しめたのでは。。。と思います。
    シラスは、原作のイメージどおりでした。Good!!
    映画を観てから原作を読むと、ブームのときに読むことをあきらめた人も、読みやすいかもです^^

    違反報告
  • rikoriko2255

    マーティン

    3.0
    2006/10/8

    原作を読んでいないで映画を観たのですが、
    最初の本物のルーブル美術館での場面など、
    重厚なサスペンス感が良く出ていました。

    その後の場面展開、アクション感は「007」物でした。
    その後はキリスト教の成り立ち、宗教対立、秘密結社など歴史を学んでいるようでした。

    ただ場面展開が早く、登場人物の敵味方が良く分からない状況が有りました。

    パリやロンドンの風景はきれいなものでした。

    それと「アメリ」に出ていた「オドレイ・トトゥ」可愛かった。

    この映画では最後に、「聖杯」の行方はルーブル美術館に有ると言っているようですね。 

    違反報告