あかね空|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あかね空

2007年3月31日公開,120分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

豆腐屋夫婦がたどる人生の浮き沈みを、江戸情緒たっぷりに描く時代劇。直木賞を受賞した山本一力のベストセラー小説を、名匠・篠田正浩に師事する浜本正機監督が映画化した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

京で豆腐の修行を積んだ永吉は、江戸っ子のおふみと出会い、深川に自分の店を開いた。江戸前の木綿豆腐に慣れた住民も、次第にその味を認め店は繁盛する。しかし、長男の栄太郎が成人し、賭博で借金を抱えてしまう。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
配給
角川ヘラルド
上映時間
120分

[c]2006 あかね空LLP [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Code

    4.0
    2007/5/2

    時代劇なのですが、それゆえ話がわかりやすくなるようにコーディネートされています。

    日本情緒、それから、人の情け、つながりを温かく感じることができて、いろいろな場面で感情移入できました。(年??)
    「人は助けられて生きていて、めぐりめぐるということ」を教えていただいた感じです。今の自分には感謝です。

    俳優陣はさすがですね。中谷さんのほほえましい娘さんと強くある母の姿は、切り替えが何ともいえず、素晴らしいです。

    残念なのは、初めの橋のシーンですね。場面が場面なので、もう少し重めにしてほしかった。「あかね空」にしたいのはわかるんですけどねぇ。。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ted

    3.0
    2007/4/21

    お話や俳優が良いので
    もっといろいろと丁寧に作って欲しい!
    うーん、惜しい!
    と思ってしまう映画でした。

    まず、冒頭のVFXがいかにも作り物というか合成というかバックは漫画なの!?と思ってしまった。
    予算他の事情はいろいろあるのでしょうが
    冒頭だけにリアリティが欲しかった。

    それから、内野聖陽の京言葉が変!
    ネイティブの関西人が聞けばすぐに変だとわかります。
    やはり、そういうところで興ざめします。

    特筆すべきは中谷美紀、岩下志麻、勝村政信、中村梅雀の演技。
    内野聖陽は二役の坊主のほうは良いのですが・・・?。

    いいなぁと思ったシーンは
    おふみが嫁ぐところや、おしのが功徳の話をするくだり等、いくつもあるだけに
    前述の部分は惜しいです。

    あくまでも私見ですが・・・。




    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告