カイジ 人生逆転ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カイジ 人生逆転ゲーム

2009年10月10日公開,129分
  • 上映館を探す

福本伸行による人気コミックを藤原竜也主演で映画化したサスペンス・ドラマ。莫大な借金を抱え、命をかけて行なう究極のゲームに参加するはめになった男たちの運命を描く。

藤原竜也という才能【『カイジ ファイナルゲーム』特集】

PR

1997年のデビュー以来、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する演技派俳優・藤原竜也。本特集では“藤原竜也という才能”にフォーカスし、一筋縄ではいかない多面的な魅力を解き明かす!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

保証人になった男が夜逃げし、莫大な借金を背負ってしまったカイジ。だが、彼に返済能力はなく、金融会社の女社長は借金の返済どころか、大金を手に入れる可能性を秘めたゲームが行なわれるという船への乗船を勧める。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
129分

[c]2009「カイジ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.2
  • 刹那

    4
    2012/3/28

    実際にこんなゲームに参加させられたら、最初の段階でも危ないだろうなと肝を冷やす内容でした。觀ているぶんは楽しめましたけどね(^ω^)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ほし★ママ。

    4
    2012/1/7

    原作は、読んだ事がないどころか、作品自体を知りませんでした。
    でも、若い頃カードゲームの「ナポレオン」に明け暮れた私には
    ゲームに「人生をかける」と言うのがとても気になり
    映画館で手に入れた「原作コミックス試し読み小冊子」が
    とても面白かったので、夫を誘って行って参りました。

    地元のシネコンのチケット売り場
    制服姿を含めハイティーンの男の子たちの列ができています。
    一組だけ同年代のお仲間かと思った方たちは
    『さまよう刃』を買ってらっしゃいました。(>_<)

    と…
    まずは、「夫婦50割引カップル」では、見当違いのレビューに
    なってしまうかもしれない事を「前置き」させていただきますね。

    ~・~・~・~・~

    無気力で自堕落な生活を送っていた青年カイジは
    元バイト仲間に頼まれ保障人になった事があった。
    何の考えもなく取った行動、すっかりその記憶も無くした頃
    その借金+利息の支払い義務を負う事になる。

    返済能力のないカイジは、「借金返済」「人生逆転」をかけ
    「キボウ」と言う名の船に乗り込むことになる。

    カイジが乗り込んで早々
    主催者「テイアイ」エリートの遠藤がゲームの説明を始める。
    コマの真ん中にまずカイジ、次遠藤~そして参加者の数人。
    台詞を言うシーンになるとコマの中央に顔が来る。
    飛び出してくる言葉も芝居がかった
    漫画で言えば、ギザギザの吹き出しがついていそうなもの。

    そうか!この作品は普通の映画とは違う。
    これは、舞台か劇画のアニメと思って鑑賞しよう!
    ビジュアル面UPの為の竜也くん、天海さん起用ということで。

    早々にスイッチを切り替えて観る事にしました。
    結果…
    面白かったです、かなり好きです。
    ただの心理戦のじゃんけんゲーム、カードゲームではなく
    そこに「血」が絡んでくる当たり。
    鉄筋渡りだけ、松山くんを投入して「人間ドラマ」っぽくした所。
    結末はお約束通りとはいえ、どれもとても楽しめました。

    ただ、たまたま帰省した息子に聞くと
    原作は、賭けるものも「お金」だけではなく
    ゲームのルール自体も、もっと複雑だったそうですね。
    それを聞くと、原作ファンの方には
    物足りない作品かもしれませんね。

    でも、最終戦の香川さんと竜也クンの演技は必見です。
    「中高年のみなさま(?)」も是非!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 月うさぎ

    3
    2011/12/8

    藤原竜也演ずるカイジの演技が好きかどうかで好悪が分かれそうです。
    私は彼の熱い演技はこの映画にはあっていると思います。というか、あれほどオーバーアクションでないと、我に帰ってしまってストーリーのバカバカしさについていけないと思う。
    原作好きな方はどう思うかわかりませんが、知らない者から見ると、荒唐無稽に見えてしまうストーリーですから、地味にリアルに演じてもつまらないだけだじゃないか。と。
    役者のパワーでグイグイ引っ張っていく疾走感が良いと思います。

    地下の強制労働はシベリア抑留を思わせる劣悪な環境で、カイジが給料日に誘惑に負けて飲むビールは「悪魔的」に旨いらしい。
    あまりに大げさにおいしそうに飲むので自分も飲みたくなっちゃいました。

    利根川(香川照之)、おっちゃん(光石研)、遠藤さん(天海祐希)
    みんな好演でした。
    特に天海さんのガラの悪い罵声。いいですね~。
    最後、お金をみんな巻き上げちゃうのが酷いけど。
    どうせダメ男リターンズのカイジに持たせても無駄金になりそうですから。しょうがないか。

    カイジ2をやっていますが、映画館でなくてもいいな。という気がしますが。どうでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告