リンカーン弁護士|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リンカーン弁護士

2012年7月14日公開,119分
  • 上映館を探す

法学部出身だというマシュー・マコノヒーがちょいワルの異色弁護士に扮したサスペンス。彼の元に舞い込んだ一件の弁護依頼が思いもよらぬ出来事に発展していく様がサスペンスフルに描かれる。原作はベストセラーとなったマイクル・コナリーの同名小説で、全米での大ヒットを受けて、続編の企画も進んでいる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミックはリンカーンの後部座席をオフィスにロサンゼルスを慌しく駆け巡る敏腕弁護士。金ずくで麻薬売人や娼婦の容疑を晴らすのがその手口だ。そんな彼の元に、女性への暴行容疑で告発された資産家の御曹司ルーレーを弁護する依頼が舞い込む。無実を訴えるルーレーの身辺を洗っているうちに過去に担当した暴行事件と酷似していることに気付く。

作品データ

原題
The Lincoln Lawyer
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
119分

[c]2011 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LCC And LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/7/20

    駆け引きや演技力も問われる弁護士。 勝ったら、凄く気持ち良いだろうなぁ。プレッシャーも凄いだろうけど。 ミックは、娼婦や麻薬の売人なんかの弁護を主にしている。正義の味方・・って訳ではないわねぇ。 検察側からしたら、証拠を掴んでやっと逮捕しても、弁護されちゃうんだから面白くは無いよね。 でもちゃんと、無罪の人を有罪にしてはいけない・・って言う信念は持っているんだ。 上手くいかない時は有るけど。 それにしても世渡り上手は得だねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    4.0
    2012/7/15

    金の為に悪人の弁護をしていると思われている弁護士が、実は無実の人を有罪にした!と言うトラウマを持っている。その彼が、人殺しの犯人に無罪を勝ち取る為に利用されると言う、定番のお話。 一度弁護人になってしまったので、捜査上知り得た情報を真実の立証(依頼人との守秘義務とか証拠の目的外使用とか)の為に使う事が出来ないと言う事態から、逆転をするまでの展開が大変面白い。 良く練られた脚本と、出演者が実力の有る者達ばかりなので、画面に非常に説得力が有り、観ていて飽きる事が無かった。これはオススメ。 但しラストに近いシーンで、発射したばかりのオートの拳銃が、ハンマーが落ちた状態でアップされてしまう。これにはガッカリした。銃のメカニズムを理解していない。 面白い映画を観て、充実した時間を過ごしたいと思っている人にピッタリ。レンタルならお得感が一杯でしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告