清須会議|MOVIE WALKER PRESS
MENU

清須会議

2013年11月9日公開,138分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

三谷幸喜が17年ぶりに手がけた小説を自らメガホンを握り、映画化。織田信長亡き後、その家臣たちが集まり、後継者問題や領地の配分を決めた、清須会議。日本史上、初めて合議によって歴史が動いたとされる、同会議に参加した人々、それぞれの思惑など、入り乱れる複雑な心情が明らかになる。三谷にとっては本作が初の時代劇。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

本能寺の変で織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げる。2人はそれぞれ信長の後継者として、三男の信孝と次男の信雄を推し、勝家は信長の妹・お市を、秀吉は信長の弟・三十郎信包を味方につける。そしていよいよ、後継者を決めるための清須会議が開かれる事になり、両派の複雑な思惑が入り乱れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
138分

[c]2013 フジテレビ 東宝 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/18

    乗りかかった出世道。ここで後退はありえないと考え、生きるか死ぬかの瀬戸際戦略を構築する羽柴秀吉を、大泉洋が熱演しています。

    一方、自分は家老筆頭であり、血筋もあり、お市の方という強力な後ろ楯もある……という自負のみで、ほぼ無戦略で会議に臨んだ柴田勝家(役所広司)の演技ですが、これはかなりマンガ染みていて、監督がもしこの演技を求めたのなら、ちょっと違うかなと思いました。
    ただまあ、役所広司なんてこんなもんだと割り切って匙を投げてしまったのかも知れませんが。

    さて、柴田の参謀役となった丹羽長秀です。
    彼は明智光秀の謀叛の際に、明智討伐にいちばん近い位置にいたにもかかわらず、自分の兵力を計算して、立ち上がろうとしなかった計算高い男なのですが、これを小日向文世が小狡くも熱演しています。

    柴田と丹羽の両名から一文字ずつ拝借して作られた苗字が羽柴であるわけで、秀吉が若輩の成り上がり者であることは誰もが認めています。
    しかも先輩二名を差し置いて自分こそが出なければならないと決意した時、男の会議の根回し術を、心行くまで堪能することができました。

    軍師・黒田官兵衛も出てきます。
    これは秀吉の気持ちをナレーションで表現するのではなく、会話によって表現するための映画監督の猿回しの役回りですが、これもなかなか上手く表現できていました。

    そういうわけで、主要人物の誰に自分を置き換えても楽しめる、また、じっくりと堪能させられる映画でした。

    余談ですが、秀吉が勝家の懐に飛び込むエピソードは本来は石田三成が徳川家康の懐に飛び込んだという史実を借用しているのでしょう。
    とはいえ、この話はしょせんフィクションなのだから、許せる範囲かな。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2014/3/21

    それぞれの役者さんが、歴史上の人物のイメージをデフォルメして上手に演技。演出力もあるのか、派手なシーンがなくても、見せられる舞台劇。
    でも、喜劇には思えない。歴史に忠実すぎるから?大河ドラマの新撰組で、文句言われたのがトラウマ?歴史ドラマとして見た方がいいし、秀吉映画かも。大泉洋は、儲け役。
    個人的には、俳優さんで一番いいのは、中谷美紀。和むなあ。妻夫木、でんでんも好き。それぞれいいのですが、お姫様役のメイクは違和感がありました。事実に忠実なんでしょうが…。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2014/1/1

    笑える場面はそこそこあるけど、ストーリーに軸が無い。「とりあえずアイデア並べてみました」段階の印象。三谷幸喜ってこんなレベルだったっけ? 役所広司と大泉洋の、せっかくの熱演が空回りに見えてしまう。一方、いい意味で予想外の健闘だったのが鈴木京香。見た目完璧オバさんなのに、ここぞと言う時には突然艶かしくなって男をたぶらかす。中谷美紀も、最近なかったすっとぼけたキャラで健闘。天海祐希も少ない出番ながらしっかり存在感を残し、女優陣の好演は楽しめました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2013/11/28

    ずっと観たかったんですが、大ヒット御礼、舞台挨拶付で、やっと観れましたぁ~(相変わらずミーハー)
    三谷幸喜監督、役所広司さん、大泉洋さん、とても仲が良さそうで舞台挨拶もフォトセッションもユーモアたっぷり!特にケーキを前にしてのお尻を突き出してのポーズは可愛くて、夢で魘されそうです~
    やたら「実写映画で上位になったら~」と実写を強調していらっしゃいましたが、もはやライバルは「あのアニメ」でしょうか…
    いえ、いえ、ジャンルが違うだけ!

    期待いっぱいで鑑賞した本編!裏切りませんでしたよ!
    テレビの大河ドラマの堅苦しさがなくて、やんちゃな感じが面白い!この時代の人達がユーモアをまったく持ちあわせていなかったなんて有り得ない、こうゆうのも「有り」だったんじゃないかって思う。役者さんたちも上手いし、女性のお歯黒と麻呂眉もリアルに可笑しい。歴史が苦手な人でも楽しめますね!

    でも、やはり、どの時代も女性はコワイです……

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    3.0
    2013/11/25

    楽しみにしていましたが、今回は不発でしたね。
    歴史物ですので、結果がわかっているというのが致命的だったと思います。
    本来、星2つですが、1回だけ笑ったので+1しときます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    2.0
    2013/11/24

    焦点が今一つ定っていないです。もうちょっとコメディにしてしまうか、そうでなければいっそドが付くくらいにシリアスにした方がもっと印象に残る作品になるのではないかと思います。
    三谷作品というだけで観客は呼べるかもしれませんが、こういう映画を見せられると本当に良い映画でも映画館で見ようという人が減ってしまうのではないかと心配です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    4.0
    2013/11/14

    宣伝がすごかったので観てみました。
    期待が大きかった分、星4つの評価にしました。
    三谷さんの作品なので、笑いを期待したのですが、笑いっぱなしではありません。
    今の日本社会を見ているような不思議な気分になる映画です。
    圧巻は最後のシーンでの剛力彩芽さんの雰囲気です。
    改めて日本史に興味が湧きました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2013/11/12

    秀吉!!三谷幸喜はNHK大河ドラマ『新選組!』の続編を作るに際し、『新選組!! 土方歳三 最期の一日』として、土方歳三をわざわざ一日に限定して描いた。これは舞台演出家としての「勘」だと思う。
    ご存知のように、演劇の世界では、映画と違って、時空を飛び越えることはかなり難しく、「場」を設定することが大事になる。
    映画では当然、時空を超えることがその初期から魅力のひとつになっていたが、三谷幸喜はあえて、そのメリットを封印し、演劇を思わせる濃厚な「舞台」を作り上げた。
    三田幸喜は最初から「秀吉」を描きたかったんだと思う。そして、この日本史上最も愛された男を描く舞台として「清須城」を選んだということであろう。
    何より「秀吉」には今日でも人々が求める全てがある。機知・才略・機略から詐欺・ペテンに至るまで、あらゆる感情・才覚があふれ出る、ある意味皆さんの「自画像」が描かれるところが愛される理由だと思う。
    そして、この役に大泉洋がはまり過ぎるほど、はまっている。この人は、コメディからシリアスまで何でもできる人で、逆に何でもできる故に決定打に乏しかったが、
    (『探偵はBARにいる』は良かったですけどね)ここに来て見事に開花しましたね。
    あとは、剛力彩芽を押す。この人は単にかわいい感じから、妖艶な美に移りましたね。凄いものです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/10/19

    羽柴秀吉に関してはかなりユーモアがある演技で、柴田勝家共々本当にこんな人物だったんじゃないかと思わせてくれる感じでしたよ。
    でもチャラチャラしてるようで、結構頭がいい!?
    名古屋弁も炸裂していて、この映画で名古屋弁を広める感じに???
    歴史は苦手な私ですが、こんな形であれば、みんなも楽しみながら歴史を学ぶことができるんじゃないかな!?
    三谷パワーだね。

    違反報告