シャドー・ダンサー|MOVIE WALKER PRESS
MENU
シャドー・ダンサー

シャドー・ダンサー

2013年3月16日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1990年代のアイルランド共和軍とイギリス諜報局保安部の闘いを、スパイとなった若い母親の目を通して描くサスペンス。監督は、「マン・オン・ワイヤー」のジェームス・マーシュ。出演は、「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」のアンドレア・ライズブロー。2012年ディナール英国映画祭最優秀作品賞受賞。

予告編・関連動画

シャドー・ダンサー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1970年代の北アイルランド。幼いころに弟を失い、IRA(アイルランド共和軍)としての活動が日常である家族と暮らしてきたコレット・マクビー(アンドレア・ライズブロー)は、IRAに身を捧げていく。1993年ロンドンでの爆破未遂事件の容疑者として逮捕された彼女は、IRAと敵対するMI5(イギリス諜報局保安部)の捜査官マック(クライヴ・オーウェン)から、究極の選択を迫られる。それは、スパイとして家族を欺くか、幼い息子を残し拘留されるか、というものだった。コレットは息子との生活を選び、IRAの厳しい目に追い詰められながら、2つの組織の間で揺れ続ける。一方、MI5の情報源としてコレット以外にもスパイがいるのではないかと疑い始めたマックは、上司ケイト・フレッチャー(ジリアン・アンダーソン)が隠している“シャドー・ダンサー”の秘密に迫っていく。コレットは、IRA内のスパイへの追及に追い込まれていく。そして“シャドー・ダンサー”の秘密が暴かれると、マック、コレットと家族の運命も左右されることになる……。

作品データ

原題
SHADOW DANCER
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アイルランド =イギリス
配給
コムストック・グループ
上映時間
101分

[c] Shadow Dancer Rights Limited / BBC / The British Film Institute / Wild Bunch 2012 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2013/3/22

    英国とアイルランドの間には深い溝が有った・・と言うのは解って居るんだけど、やっぱり日本人にはピンと来ないかも・・
    MI5の情報屋に対する扱いも酷いし。
    でも、誰がシャドー・ダンサーか‥は、読めるよね?
    他に考えられないもん。
    マックの能力や立場があいまいで、あまりひきこまれなかったなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2013/3/9

    北アイルランド、ベルファスト。首都だがとても静か。
    実際行ったことがあるが、特に休日はものすごーく静か。
    無駄な音楽もなく、ハリウッド級スパイ映画のように派手なアクションにはならず、話の流れも静か。

    本物のスパイ行動はそういうものかも。
    もちろん映画にすると若干飽きてくる。
    シャドーダンサーという別の人物。
    最後になってようやく判明。ふぅ、長い。つまりその正体自体が影の薄い存在。そのためリアクションが弱い。

    現実は平穏状態というけれど、そこに住む住民はどう思っているのだろう。やはりアイルランドに返還か。
    そこではポンドも使えないし、孤立している気がしてならない。と言ったら、英国はスコットランドやら、いろんな問題が…

    久々にG.アンダーソン見た。髪の色もいつもと違っていたので最初、わからなかったなぁ。

    コレットとマークがキスするシーン。あれは彼女の怒りだ。ほとんど息子を人質状態にされ、IRAとMI5n板挟みの苛立ち。家業でそうなった宿命の運命?自分自身にもハラが立っているのだ。

    こんなに全面静かな映画にも関わらず隣の客は音をたてて、飴をなめていた。集中力は欠如するし、マナーの悪さにこちらもハラが立つ。こういう映画はご遠慮していただくべき。

    違反報告