太陽の帝国(1987)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽の帝国(1987)

1988年4月29日公開,0分
  • 上映館を探す

第2次大戦下の中国を舞台に、日本軍の収容所の中で過ごす11歳のイギリス少年の成長過程を描く作品。J・G・バラードの自伝的色彩の強い同名の小説を基に「カラーパープル」のスティーヴン・スピルバーグが監督・製作。共同製作にキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル。脚本は「未来世紀ブラジル」のトム・ストッパード、撮影は「ハリーとヘンダスン一家」のアレン・ダヴュー、音楽は「イーストウィックの魔女たち」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はクリスチャン・ベール、ジョン・マルコヴィッチ、ミランダ・リチャードソンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1941年、クリスマスを迎えた上海。英国租界の邸宅に両親と暮らすジム少年(クリスチャン・ベール)は、学校の勉強よりも空を飛ぶことに心を奪われていた。上海にも侵略しつつあった日本軍の「零戦」のパイロットになることが夢だった。両親とともに出かけた仮装パーティもジムには退屈で、お気に入りの零戦の模型飛行機を片手にパーティ会場から抜け出し、野原へと出た。そこには撃ち落とされた日本軍の戦闘機が無残な姿をさらしていた。ジムはコックピットに入り、いつしか自分が大空を飛ぶ姿を思い描く。迫ってくる戦争を前に、ジム一家も上海から脱出する準備を始めたが、時すでに遅く、日本軍が怒濤の如く市街に進攻してきた。砲弾、銃声の飛び交う中、両親と離ればなれになってしまったジムは1人で生きていかなければならないことを、身をもって悟る。飢えに苦しんでいるところを救ったのは、ベイシー(ジョン・マルコヴィッチ)とフランク(ジョー・パントリアーノ)の2人のアメリカ人であった。ある夜、2人を邸宅に連れてきたところを日本軍に襲われ、ジムら3人は捕虜収容所へと送られる。収容所では両親の友人であるヴィクター夫人(ミランダ・リチャードソン)と出会うが、彼女自身ももはや自分が生き残るためだけに必死だった。やがて、ジムら捕虜たちは蘇州の収容所へと移されていく。そこで知り台ったローリング医師(ナイジェル・へイヴァース)から、どんなことがあっても最後まで生き延びろと教えられるのであった。ジムは精神的にも肉体的にも大きく成長していき、捕虜のボス格となったベイシーの使い走りとして収容所内を忙しく立ち回る。日本軍側のナガタ軍曹(伊武雅刀)にも近づき、少しでも多くの食料を受けようとする。自分と同じように空を飛ぶことに憧れる日本人少年(片岡孝太郎)とも心を通わせるようになった。そんなある日、米空軍ムスタングが収容所を急襲し、戦争は終結へと向かう。ジムは脱走するベイシーに見捨てられ、他の人々とともに南島(ナンタオ)まで移動。その途中、ヴィクター夫人が息をひきとる。一瞬、東の上空に美しい閃光が走った。それは長崎に落とされた原爆の光だった。戦争は終わった。そしてジムは日本人少年と再会し言葉を初めて交わすのだが、ベイシーの仲間によって日本人少年は撃ち殺されてしまう。泣き叫び憤りをぶちまけるジム。彼は、いつしか大人への扉を開けていた。やがてジムは戦災孤児の集まる施設で両親と数年ぶりの再会をするが、彼は両親の顔も何も覚えていないほどであった。少年の日々とは確実に違う、新たな生活が始まろうとしていた。

作品データ

原題
Empire of the Sun
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • たっかん

    1
    2016/12/23

    中国における英国租界に住む英国人。
    裕福な暮らしをしているが、第二次世界大戦の日本軍による中国侵攻に巻き込まれる。
    ただ、英国人夫婦の息子(クリスチャン・ベール)は、ゼロ戦が大好きだ。
    しかし、少年は両親と離ればなれになり、収容所生活も強いられるが………
    といった流れの物語だが、全体的に面白くない。
    そして、2時間32分は長過ぎる。

    伊武雅刀など日本人も出演していて、日本語も飛び交う。

    つまらなくて長い映画。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • キネマ白道

    5
    2013/5/28

    というか
    フィクションというか

    バラードの描いた空想的な日本軍へのオマージュ?でしょうね?

    とはいえ

    随所に織り込まれた挿話は
    バラードの実体験に基づくだけに

    迫真的です。



    あくまでもこれはバラードの

    心象体験としての

    極論すれば

    SF的な

    日本軍体験ですよね。



    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • のら(ぶんちょう)

    4
    2009/4/2

    こんな戦争体験を多感な少年時代にしてしまったジム
    (クリスチャン・ベール)は、どんな大人になるんだろう?

    両親と離れて、捕虜収容所に入るも彼はしたたかに狡猾に生きていく術を会得。
    それまで裕福で何不自由ない生活をしていたジムだが、
    子供だからこその順応性なのか、
    大人よりはるかに捕虜生活にもなじんているように見えた。
    日本のナガタ軍曹(伊武雅刀)に向かって果敢にも
    「ワタシタチハトモダチデスヨネ?」と片言の日本語で話しかけていく
    ところは、自身の愛らしさを利用したとも言えるのではないか?

    殺伐とした日々にあって日本の少年兵(片岡孝太郎)との
    交流は数少ない心温まるエピソード。
    なのでラストにかけてのシーンは何とも言えぬ虚無感に襲われる。
    すさまじい体験を経たら、再び両親と平穏な暮らしに戻っても
    彼の中では何かが変わっているのに違いない。

    ずっとずっと見たかった作品でしたが
    クリスチャン・ベールの子役ながら抜群の演技力・存在感に感心しました。
    見てよかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告