牡蠣の王女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
牡蠣の王女
牡蠣の王女

牡蠣の王女

2006年7月16日公開、58分、コメディ
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

友人を羨み貴族との結婚をせがむ成金の娘が結婚した相手は実は貴族の召使だった…。ドイツ時代のエルンスト・ルビッチが監督したコメディ。出演はヴィクトル・ヤンソン、オッシ・オスヴァルダほか。2006年7月16日より、東京・有楽町朝日ホールにて開催された「ドイツ映画祭2006」内「ルビッチ再発見」にて復元版(58分・20コマ/秒)がピアノ伴奏つきで初上映。2013年12月21日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「映画史上の名作10」にてデジタル上映(60分)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大金持ちの「牡蠣の王」が、娘オッシーの結婚相手として「王子」を捜す。結婚斡旋業者から紹介されたのは、没落貴族ヌキだった。ヌキの代理で屋敷に出かけた召使のヨーゼフが、そのままオッシーと結婚式をあげる。「アル中撲滅運動」にとりくむオッシーの前に、泥酔したヌキが連れてこられる……。

作品データ

原題
Die Austernprinzessin
製作年
1919年
製作国
ドイツ
上映時間
58分
製作会社
Projektions-AG Union (PAGU)
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?