ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜

2015年5月30日公開,139分
PG12
  • 上映館を探す

各方面に影響を与え日本でも馴染みの深い『キング・オブ・ソウル』とも称される歌手ジェームス・ブラウン。差別や偏見を打ち破り音楽業界の既成概念を壊していき歴史を変えた稀代のエンターテイナーの劇的な人生を、ライブ・シーンも含め描くドラマ。プロデューサーを務めたロックバンド『ザ・ローリング・ストーンズ』のミック・ジャガーを筆頭に、ジェームス・ブラウンを敬愛するスタッフが集結している。監督は「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」のテイト・テイラー。主演は「42~世界を変えた男~」のチャドウィック・ボーズマン。ジェームス・ブラウン独特の動きや話し方を体現している。

予告編・関連動画

ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ南部の貧しい家に生まれたジェームス・ブラウン(チャドウィック・ボーズマン)は、両親から捨てられ、不遇の少年時代を送った。貧しさから盗みを働いてしまい刑務所に入った彼は、そこでボビー・バード(ネルサン・エリス)と出会う。二人はゴスペル音楽を通じて唯一無二の親友となっていった。出所後、ジェームスは本格的に音楽の世界に踏み込んでいく。非常に強い上昇志向を持ち、理不尽な差別ともぶつかり合いながら革新的な道を切り拓き人気を集めていく。キング牧師が暗殺され暴動の機運が高まる中、周囲の反対を押し切ってライブを開催し黒人たちをまとめた彼は、黒人解放運動の活動家としても注目されるように。独自色を強めていった彼のソウル・ミュージックの中からファンク・サウンドが生まれ、音楽に革命をもたらしていった。一方で破天荒なジェームスは彼を捨てた実母をはじめミュージシャン仲間や家族らとも衝突。ついにボビーも彼のもとを去っていく。

作品データ

原題
GET ON UP
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
アメリカ イギリス
配給
シンカ パルコ
上映時間
139分

[c]Universal Pictures [c]D Stevens [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • 元電気メーカー社員

    4
    2015/6/19

    全体的に演奏シーンが多く、主人公の私生活でのエピソードは、説明的に、主人公の脳裏によみがえるフラッシュ・バックのように挿入されています。

    それでも、単なる音楽劇に終わらないのは、主演のチャドウィック・ボーズマンの、まるで本人が憑依したような演技。演技だけでなく歌も踊りも。JBの音楽を通じて、JBの人生を描いてしまったような映画。

    米国演劇界の底力にびっくり。

    あと、リトル・リチャードって、本当にオネエだったの?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    5
    2015/6/18

    私にとって一番耳に残るJBはやはりあの「ゲロッパ!」だけど、
    (正しくはGET ON UP)正に彼の人生そのものだったなぁと思う。
    極貧生活で父に殴られ、母に捨てられ、窃盗で捕まった刑務所で
    生涯無二の親友となるバンドマンと出逢う、映画みたいな人生。
    彼には歌とダンスの才能が元々あっただろうが、偶然の命運が
    彼に味方しなければ、こんな発展は絶対に望めない状況だった。
    子供の頃からJBの歌はよく流れていたけど(顔が怖くって^^;)
    ファンにはなれなかった、でもファンキーなシャウトを聴く度に
    すげぇ、やっぱり黒人って歌上手いよなー!なんて思っていた。
    日本でも人気の高かったJBは前述の映画タイトル^^;にもなり、
    未だにエンターテイナーとして羨望の的であり続けているのだが、
    まぁその半生といい行動といいハンパなく破壊的。奇行やDVも
    よくニュースになっていた。そういった彼の人生を余すことなく
    しっかり描いているところが今作の素晴らしさ。もちろん音楽は
    (オリジナル音源多用)知っての通りだけど、あの人生でこの歌
    ありきとあらゆる点でなるほど~なるほど~と思わざるを得ない。
    時系列を前後した冒頭のライフル発射とパトカーチェイスなんて、
    どこの犯罪者なんだよ、お前!と言いたくなるし、公民権運動の
    最中で黒人が差別から這い上がる為のシンボルの一片がJBにも
    注がれていたところが大きく、当時の時代背景の描き方も詳細だ。
    彼は黒人社会を虜にしたけれど、彼自身は愛に苦しみ周囲の人間
    を巻き込んでは傷付けていた。成功しても満たされない胸の内を
    繊細にパワフルに(まるでコピーしたかのように)C・ボーズマンが
    体現している。歌こそ吹替えなんだけど、彼にソックリである。
    J・ロビンソンの時といい偉人を演じるのに縁があるのだろうか。
    ラスト、親友ボビーとのエピソードに泣かされる。

    (D・エイクロイドとの共演に懐かしさ倍増。人気者だったもんね)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • YO99

    5
    2015/6/14

    SOUL好きなカミさんと共に観賞。凄い!JBが居る!
    チャドウィックさんは演技というよりも“JBが降りてきた”と思えるほどです。
    それだけでもSOULの革命児の真の姿に触れているようで踊りだしてしまいそうでしたが、別の2か所で涙ぐんでしまいました。
    一つは、マネージャーのベンが急逝した時の葬儀でのJBの悲しみ、ダン・エイクロイドさんの演技が昇華させた極上の場面です。もう一つは、ラストでかつての親友で重要なサイドボーカルだったのに袂を分かったボビーを、再起イベントに招待してステージと客席での無言のハーモニー、互いの必要性と親愛を再び確認した時。全てを自分で支配できるJBにとって、かけがえのない2人だったのですね。
    歴史的音楽革命児の人生を超特急で駆け抜ける、喜怒哀楽、情熱、魂、SOUL満タンの極上作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告