ハッピーアワー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ハッピーアワー
ハッピーアワー

ハッピーアワー

2015年12月12日公開,317分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

30代後半を迎え人生の岐路に立つ女性4人の心情を掬い取るヒューマンドラマ。主演4人は演技未経験ながら第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。同映画祭脚本スペシャル・メンションにも輝いた。監督は「親密さ」の濱口竜介。市民参加の『即興演技ワークショップ in Kobe』から生まれた。蜷川幸雄演出作品など数々の舞台、テレビ番組を担当してきた阿部海太郎が音楽を手がける。2015年12月5日より神戸・元町映画館にて先行公開。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

神戸在住のあかり(田中幸恵)、桜子(菊池葉月)、 芙美(三原麻衣子)、純(川村りら)の4人は、30代後半を迎えた親友同士。桜子と純は中学からの付き合いであるものの、あかりと芙美は30歳を超えてから知り合った。久々に集まり、近々旅行しようと相談し合う4人。屈託なく話す一方で、それぞれ親友にも話せない悩みや不安があった。専業主婦の桜子は最近同居し始めた姑との関係に気を遣う日々。アートセンターPORTOに勤めるキャリアウーマンの芙美は、編集者の夫と表向きは仲が良いが、夫との間に言いようのない不安を感じていた。バツイチの看護師あかりは多忙な毎日を過ごし、病院で知り合った男性からアプローチされても恋愛する気になれない。ある日、4人はPORTOで開催されたアーティスト鵜飼によるワークショップに参加し、打ち上げに流れていく。その席で純は、1年近く離婚協議をしていると告白。戸惑いを感じる3人。やがて3人もまた人生を大きく揺るがす局面を迎える。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
神戸ワークショップシネマプロジェクト(NEOPA,fictive)
上映時間
317分
製作会社
神戸ワークショップシネマプロジェクト(NEOPA,fictive)

[c]2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.7 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?