64-ロクヨン- 後編|MOVIE WALKER PRESS
MENU
64-ロクヨン- 後編
64-ロクヨン- 後編

64-ロクヨン- 後編

2016年6月11日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和64年、少女誘拐殺人事件が発生し、事件は未解決のまま迷宮入り。県警最大の汚点と言われるようになっていた。時効が近づく14年後の平成14年、かつて事件を担当していた刑事の三上は警務部広報室の広報官へ異動となる。記者クラブとの確執や、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、かつての事件をなぞるような新たな誘拐事件が発生する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
119分

[c]2016 映画「64」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2018/3/23

    前篇でも述べたが、記者クラブは不要。
    群像劇なのに、佐藤浩市だけが得をする脚本では意味がない。
    真犯人が意外な形で登場するのはよかったと思う。
    全体を通して、この話は、忠臣蔵に似ている。
    佐藤浩市が大石内蔵介。永瀬が(死んでないが)浅野の殿、吉良様が真犯人。
    それ以外は、役者の無駄遣い。これはTBS製作のドラマも映画もよくあること。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/6/20

    携帯やパソコンの普及で、事件も捜査もあり方が変わった・・と言う中で、希少な公衆電話のBOXでプッシュボタンが擦り切れるまで掛け続ける執念。
    その位の狂気を持っていないと、辛さを乗り越えられないのかも知れないわね。
    暴力的ではなく、精神的な復讐をしようとしたのかな・・?
    良いかどうかは別として、事件の事を忘れずに居て、共感してくれる人が居た事は救いだったんだろうな。
    でも、復讐しようとする人たちも痛々しくて。
    不幸しか生まなくても、動かずにはいられない・・って事はあると思う。
    明治初期まで「仇討」は認められて居た訳だし。
    偶然とはいえ、一番応える形での終焉。酷だけれど・・良かった!と言えないのは辛いけど。
    腹立たしかった記者クラブの面々が東京組から蔑まれるのを見ると、仕事の上での戦いなんだな~厳しいわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2016/6/18

    率直に言って、後編もなかなか面白かったです。ただ、残念な点もいくつかあって、まずは、あの瑛太が嘘のように大人しかったこと。次に、記者会見のシーンでの記者たちのチンピラ口調の罵声が観ていてはずかしいほど。最後に意外と「地味」なラストです。

    犯人の娘に最悪の場面を見せてしまうのもどうかと思いました。今度はラストが映画版と違い、結構評判よい「テレビ」版を見てみようと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2016/6/13

    「子供がいなくなる…それがどう言うことなのか…」
    それを語った作品でした。
    俳優陣の演技力がなければ成し得なかったと思います。
    素晴らしい役者達に拍手を送ります。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/6/13

    【賛否両論チェック】
    賛:子供を失った刑事が、同じような遺族の悲しみに触れながら、悲劇を繰り返さないよう奔走する姿が、感動を呼ぶ。豪華なキャストにも注目。
    否:前編の知識は必須。登場人物が複雑なほか、真実にはやや消化不良感も。

     まず登場人物が多いので、前編の知識は必須です。その分キャストも豪華な顔ぶれがどんどん登場しますので、ご期待を。
     自らも娘が失踪してしまった元刑事が、娘を失ったかつての被害者遺族の悲劇に触れながら、新たに発生した誘拐事件の被害者家族のために奔走する姿が、胸を打ちます。
    「娘がいなくなる・・・それがどういうことか、刑事はそんなことも分かんねえのか!?」
    という言葉が、痛烈です。
     前編が、過去の事件の“今”がメインだったのに対し、後編は新たに起きた事件を現在進行形で追うので、前作よりもさらに緊迫感があるかと思います。
     真相はやや盛り上がりに欠ける感はありそうですが、それでも“家族愛”を描いた、重厚な人間ドラマに仕上がっています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2016/6/13

    生きて欲しいと思います。
    実は、私は、社会派推理小説が苦手です。世の中、ただ生きるだけで、苦しいのに、何故物語の世界にもそれを持ち込むのかとね。どうせ作り物の世界なんだから、明るく楽しければ、良いじゃないかって。
    ただ、そういう世界に育った若者達が、実社会でひどい目に遭う。それを防ぐのも大人の役割じゃないかって、思うこともあります。なるべくつらい体験は、絵空事の中だけにしてもらいたい気持ちもあります。
    さて、役者論ですが、私は、永瀬正敏を押します。非常に複雑な役回りですが、うまく演じています。彼がこの映画のリアリティを作っていますね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/6/12

    しっかりと後編も観ました。
    原作を読んで、TVドラマも観て、最後にはこの映画。
    やっぱ映画は映像が迫力満点ですね。
    記者たちの怒声、カーチェイスのスリルには
    映画ならではの迫力感がありました。
    ストーリーは原作、TVドラマとは違ったラストに。
    映画にはこのラストが合うのかもしれませんね。
    主役の三上役はTVドラマではピエール瀧。
    原作に近いイメージはピエール瀧でしょうね。
    佐藤浩市はあまりにもカッコよすぎるかな。
    これも「映画ならでは」ってことでしょうね。
    兎にも角にも「前編」「後編」をしっかり観て
    「64」をしっかり堪能しました。

    違反報告