エンドレス・ポエトリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU
エンドレス・ポエトリー

エンドレス・ポエトリー

2017年11月18日公開,128分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アレハンドロ・ホドロフスキーの自伝的作品「リアリティのダンス」の続編。ホドロフスキー一家は、故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住。青年に成長したアレハンドロは、若きアーティストたちとの出会いを経て、自分の道を見つけ出してゆく……。若き日のホドロフスキーを演じるのは、「リアリティのダンス」にも出演した末の息子アダン・ホドロフスキー。その父親を長男ブロンティス・ホドロフスキー(「リアリティのダンス」)が演じる。

フォトギャラリー

エンドレス・ポエトリー 画像1
エンドレス・ポエトリー 画像2
エンドレス・ポエトリー 画像3
エンドレス・ポエトリー 画像4
エンドレス・ポエトリー 画像5
エンドレス・ポエトリー 画像6

予告編・関連動画

エンドレス・ポエトリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。青年に成長したアレハンドロ(アダン・ホドロフスキー)は、自分の自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、今の環境から抜け出して、自分の道を表現したいともがいていた。そんなある日、アレハンドロは従兄のリカルドに連れられ、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られないダンサーや彫刻家、画家、詩人といった若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接する中で、それまで自分が囚われていた檻からやがて解放されるアレハンドロ。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、ステジャ・ディアスとの初恋を経験し、アレハンドロの運命は、未知の世界へと開かれていく……。

作品データ

原題
POESÍA SIN FIN
映倫区分
R18+
製作年
2016年
製作国
フランス=チリ=日本
配給
アップリンク
上映時間
128分

[c]Pascale Montandon-Jodorowsky [c]2016 Satori Films, Le Soleil Films y Le Pacte [c]キネマ旬報社

  • 泉
    4.0
    2017/11/29

    何が起こるか、分からない。何を見せられているのか、困惑する。
    だけど、一言で形容するならば「天才」としか言いようがない。

    強烈な色彩の使い方、持たせている意味。
    全員が個性的な登場人物。誰一人欠けてはいけない存在。
    無茶苦茶なようで、しっかりしたストーリー。全てのシーンに一切の無駄が無い。
    そしてあまりに深い込められたメッセージ。

    あっけにとられながら、引き込まれて夢中で見ていた。

    そして詩がとても素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告