アンタッチャブル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンタッチャブル

1987年10月3日公開,120分
PG12

1930年代のシカゴを舞台にアメリカ支配を企む暗黒街の男アル・カポネと彼に立ち向かう若き財務官の戦いを描く。製作はアート・リンソン、監督は「ボディ・ダブル」のブライアン・デ・パルマ、脚本はデイヴィッド・マメット、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はジェリー・グリーンバーグとビル・パンコウ、美術はウィリアム・A・エリオットが担当。出演はケヴィン・コスナー、ショーン・コネリーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年、9月。エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が、財務省から、ここシカゴに特別調査官として派遣されてきた。禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。中でもアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)のやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。カポネ逮捕の使命感に燃えるネスは、しかし警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。彼には部下が必要だった。そんな彼に、初老の警官ジミー・マローン(ショーン・コネリー)が協力することになる。多くの修羅場をくぐってきたマローンから、ネスは多くのことを学んだ。家族を愛するネスにとって、独身の仲間は好もしかった。家族を危険にさらされるのはネスには耐えられないことだ。やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)がスカウトされてやってくる。さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)が派遣されてくる。巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。最初の摘発は郵便局だ。彼ら4人が散弾銃を片手に摘発し、翌日の新聞では、初めての大量逮捕を大きく取り上げ、彼らは“アンタッチャブル”(手出しのできぬ奴ら)という異名を馳せる。だが、そのことは、カポネの怒りを買い、カポネの右腕と呼ばれる殺し屋フランク・ニティ(ビリー・ドラゴ)がネスの身辺に現われる。妻キャサリン(パトリシア・クラークソン)と愛娘の安全を苦慮したネスは家族を直ちに脱出させた。アンタッチャブルの捜査は続き、ネスは、シンジケートの帳簿を手に入れる。それこそカポネに致命的なダメージを与える証拠となるものだった。しかし肝心の部分は判読出来ない暗号になっていた。彼らの執拗な捜査に怒るカポネはアンタッチャブルを抹殺することを命令する。告訴の準備が行なわれている間、エレベーターの中でウォレスと証人が殺された。やがて帳簿係をマローンがつきとめるが、その直後、マローンが殺された。深夜の駅。ついに証人が現われた。しかしその直後、激しい銃撃戦が展開され、彼は死んだ。シカゴ最大の贈賄事件に発展したこの裁判の判決の日。カポネはなぜか余裕たっぷりだ。賠審員全員がカポネに買収されていたのだ。愕然とするネス。しかし、最後まで彼は諦めない。ジョージはネスに殺し屋のニティがマローンを殺したのだと告げ、彼の持ち物からその証拠を見つける。裁判所のらせん階段の上に逃げるニティ。ついにニティを倒したネスは、さらに裁判長に、買収されている賠審員たちを全員変えることを希望する。受け入れない裁判長を、うまい口実を使って可能にさせるネス。怒ったカポネは、そこでネスと真っ向から対決することになる。ネスはカポネに断言する。「勝負は最後まで分からない」。事務所に戻ったネスは、ジョージと共にすべてが終わったことを実感するのだった。

作品データ

原題
The Untouchables
映倫区分
PG12
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画
上映時間
120分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.2
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2019/8/25

    久しぶりに見ました。ストーリーを分かっていてもまた見たい、そんな映画。 豪華な俳優陣。みんな素敵。K・コスナーの参ったな顔がなかなか好みなのです。有名な階段のシーンは来た来た!って感じで前のめりで見ちゃいます。若いアンディ・ガルシアがあの姿勢でギャングを狙っているプルプル感が伝わってきます。私は騎馬隊との手入れのシーンが好きだな。コネリー演じるマローンのやり過ぎだけど執念の追いつめ方がカッコイイ。マローンもウォレスも死に際が見事。大好きなロバート・デ・ニーロは存在感ばっちり。裁判で有罪になった時の足をばたつかせた情けない感じも最高。 ストーリーも俳優も見せ場も魅力的で何度見てもうーん良かった、と思う作品。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    5.0
    2018/3/16

    本作のコスナーとコネリーの関係は、まんまスターウォーズのルークとオビワン。 本作中でコネリーは殺され、コスナーが仇を取る。 それをルーカスが、スターウォーズ・EP1で、クワイガンジンを殺したダース・モールの仇を、弟子のオビワンが取る。 恐らく、パクリの返し技と思われる。 デパルマ監督は、「スカーフェイス」「カリートの道」等、ギャング映画に精通。また、カポネ役のデニーロとは、お互い無名の頃に一緒に仕事をした仲。本作はパラマウント創立75周年記念大作として、惚れ惚れするほどお金を掛けて、TVシリーズを映画化。 文句なし。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告