SPL 狼たちの処刑台|MOVIE WALKER PRESS
MENU

SPL 狼たちの処刑台

2018年9月1日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「イップ・マン 序章」のウィルソン・イップ(監督)とサモ・ハン・キンポー(アクション監督)が10年ぶりにコンビを組んだアクション。タイのパタヤを訪れていた娘を何者かに誘拐された警察官のリーは、現地警察のチェイに依頼し、捜査に同行するが……。出演は「コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝」のルイス・クー、「戦神/ゴッド・オブ・ウォー」のウー・ユエ、「ドラゴン×マッハ!」のトニー・ジャー。

予告編・関連動画

SPL 狼たちの処刑台

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

15歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで、何者かに誘拐される事件が発生。香港で連絡を受けた警察官の父リー(ルイス・クー)は、自らの手で娘を奪回することを決意し、パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に、“自分も捜査に同行させてほしい”と頼み込む。やがて、犯人は、国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明。警察内部にも内通者がいることを突き止めたリーとチュイは、チュイの同僚タク(トニー・ジャー)と共に、わずか3人で組織に乗り込むが……。

作品データ

原題
殺破狼:貪狼
製作年
2017年
製作国
香港=中国
配給
AMG エンタテインメント
上映時間
100分

[c]2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/9/15

    【賛否両論チェック】 賛:愛する家族を守るために孤軍奮闘する主人公達の暴走が、観ていて胸が痛むよう。迫力感満載のアクションも多彩に採り入れられていて、見どころ。 否:展開はかなりのご都合主義で、終わり方も非常にあっさりしている印象。ケレン味溢れるアクションも、好き嫌いは分かれるか。  娘を拉致された激昂型のリーと、身重の妻を持ち、権力に翻弄されるチュイ。2人の孤高な刑事が大切な家族を守ろうと奔走し、やがて暴走していく姿は、観ていてとても痛々しく、切ない雰囲気が漂います。  中国・香港映画特有のケレン味たっぷりのアクションも満載です。あのサモ・ハン・キンポーがアクション監督を務めているだけあって、ド肝を抜く迫力のアクションに圧倒されること請け合いです。  反面、ラストはかなり意外というか、呆気なくて消化不良感が否めません。ストーリー自体も結構強引なので、その辺りも観る側の好みによって評価が分かれそうです。  とはいうものの、作品としての世界観は見事ですので、気になった方は是非観てみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告