ロケットマンのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロケットマンのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2019年8月23日公開,121分
PG12

ユーザーレビュー

4.2
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2020/6/21

    エルトン・ジョンの半生記の映画化。 両親からの愛に恵まれず育ったけど 音楽の才能に恵まれて エルトン・ジョンが生まれました。 破滅的な生活に陥っても 音楽の力によって復活しました。 半生記の映画化については、少し違和感はあります。 でも、そんな常識をも吹き飛ばすのが エルトン・ジョンの凄さなんでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/2/16

    知らなかった彼の一面を見ました。 心に傷を負うこと、人を言葉で傷つけることの罪の深さ。 痛みを知っているからこそ、人の痛みがわかる。彼のファンということではなかったけど、人生の深さを教えてもらいました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/2/13

    最高。 エルトンの壮絶なミュージシャン人生が きらびやかに描かれている作品

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Lisururi

    4.6
    2019/9/25

    ボヘミアンの二番煎じかと思いきや、二番出汁!味濃いよ~!愛されない子ほど偉業を達する? 歌詞なんて全く無視して聴いてたけど改めて、アルバム聴こうかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2019/9/14

    この映画、何が凄いって、エルトン・ジョンを演じた、タロン・エガートンの歌唱力が、エルトン・ジョン本人にひけを取らないところ。演技だけでも充分アカデミー賞候補レベルだと言うのに。この人、王立演劇学校卒業の、バリバリ演劇畑の人ですから。 エルトン・ジョンが、スターの座を蹴って自ら依存症治療に専念するまでの半生を、エルトン・ジョン本人の監修の下、エルトン・ジョン本人のヒット曲を使ってミュージカルにした映画。 本人の歌で本人の半生を描く作品が創れたのは、エルトン・ジョンの曲の歌詞の大半が、彼の親友であるバーニー・トーピンによって描かれた、エルトン・ジョン本人の物語でも、あったからでしょう。 それにして、タロン・エガートンの演技・歌唱だけでなく、曲の構成も演出も脚本も、見事なまでに精密に、必要にして充分なだけ揃った完成度はすごい。 自分が子供の頃、学生の頃、ラジオで聴いていた懐かしい曲の歌詞が、こんな意味だったとは。中にはハジけてるだけの歌詞もあるけど、こんな歌が、英国では、大衆向けと言われて、実際に大ヒットしていたんですねえ。 日本と、あちらの国の、文化水準の違いというのがよく分かる映画でもあります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/9/13

    まだまだ現役E.ジョンの半生を映画化してしまうなんて、チャレンジャーだ。 メガヒットしているいくつかの歌は知れど、E.ジョンとはどんな人物なのか、未知数であった。王立音楽院在籍ってことで、クラシックの手法も入っているのでソフトロックと言うだけに品がある。 時代的にもミュージシャンの多くが薬物やらアルコールやらに侵されるが、彼も洩れずに陥る。 生い立ちや活動の映像の合間にコミュニティでの間合いも入れ、激動の人生映像満載。 派手なパフォーマンスが彼のスタイル(当時)だけれどデビュー前のバッグでのピアノ弾きや「Your song」製作なんか、本来の姿なのではないか。 売れっ子になるとビジネスと考える取り巻きも多いし、なかなか本人の意思が伝わらなくなる。大概彼らは孤独だ。その孤独を紛らわすのにドラッグやアルコールの過多摂取になるのかしら。あっ、家族愛は薄くとも、バーニー・トービンとの関係性は一品だ。互いに苦労した頃に知り合って良かった。一時期コンビ解消していたそうだが、すごい絆である。 劇中のバーニーはJ.ベルだったとは…主役のT.エガートンが全面的に彼一点張りで他にあまり目が行かなかった。歌にしろ偉大なるE.ジョンを裏切らないよう懸命さがばりばり伝わってくるなり。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2019/8/31

    エルトンの曲は、知っていても、私生活などはよく知らなかった。ミュージカル仕立てで、それを描いていてよかった。彼の曲や詩の意味がわからないと、この映画は楽しめないかも。名曲揃いで、あらためて音楽に感動。70年代がなつかしい。バーニートーピン役の俳優がよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2019/8/29

    エルトン・ジョンの半自伝というだけに、かなり責めた内容になるんだろうなと思っていたら、その予想の上を行っていたので少々ビックリ。 とにかくタロン・エガートンの演技力&歌唱再現力だけで★3つ分に値する。 歌い回しなんかエルトン本人そっくりでかなりビックリ。 嫌な女&損する女役が多いプライス=ダラス・ハワードも、その期待を裏切らない母親役を好演。 正直エルトンにはあまり思い入れがないため、『ボヘミアン・ラプソディ』の時の様な大感動まではしなかったが、エルトンの既存曲を上手く使ったミュージカルは見応え十分。 特に、「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」の使い方が秀逸。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/8/26

    なんか、切ないですね。 バーニーが終始素敵でした。 出会った日の二人が始発まで時間を忘れて語るのたまらないし、ゲイだと聞いた時の対応、寄せられた好意への対応に深い愛情を感じた。 初見で音が溢れて来る。そして止まらない。本当に天才なんだな。 シャイだから、愛される自信が無いから、ゲイだと言う負い目が有るから、あんなパフォーマンスなのかな・・? ピアノと歌があんなに凄かったら、ゲイって気になる? 私、好きなバンドマンがゲイでも全然ファンだけどな。時代かなぁ。 立ち直れて、愛に出会えて、良かった。 曲をたくさん聞けて嬉しい♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2019/8/24

     グラミー賞に5度輝き、ゴールドディスクも26枚、アメリカ音楽界チャートでビートルズ、マンドナに続いて最も活躍したアーチスト第3位など輝かしい経歴のあるイギリスを代表するエルトン・ジョンですが、私の周りでは、曲は知っていても、名前の知名度は意外にも低かったです。  そのエルトンジョンの半生を、彼の名曲にのせてミュージカル風に描いた本作でしたが、それほど、奇想天外な人生だったわけでもなく、生まれながらの天才で両親に愛されず、同性愛者で、売れたあとはドラッグにおぼれ・・・など、過去にも映画化された有名シンガーや有名俳優の過去と何も変わらず、正直、内容は「退屈」なものでした。それでも、飽きずに観ることができたのは、彼の名曲の数々とミュージカル仕立ての演出のおかげだと思います。  とはいえ、鑑賞後に彼のCDを聞き直しているのは、私だけはないでしょう!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/8/24

    『ボヘミアン・ラプソディー』を仕上げた監督が本作も監督、『キングスマン』のスタッフで、エルトン役をエグジーを演じたタロン・エガートンがやるなら観に行かねば案件。 「柳の下に泥鰌は二匹いるか?」の確認案件とも言える。 ……つまらなくはないが、暗い。 アルコールとドラッグの依存症を治療するセラピーシーンからスタートし、少年時代からの出来事を、自らのヒット曲に乗せて、ミュージカル調に紹介していくスタイル。 今までどれだけ愛を失って、孤独で寂しかったかを語るエルトン。 タロンのエルトンは、歌っているとエルトンっぽいのだが、普通にセリフのあるシーンだと、単なるコスプレしたタロンなので、時々痛々しくなる。 (ただし、ステージや服の再現性は素晴らしい。美術スタッフには拍手したい) 『ボヘミアン~』と違い、しっかり男同士の全裸からみやシャブ摂取シーンを描いていて、ドン引く。 それでも最後まで眠らず観られたのは、エルトンの楽曲の力だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
1/1

関連記事