ひとよ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ひとよ

2019年11月8日公開,123分
PG12
  • 上映館を探す

桑原裕子が作・演出を手がけた劇団KAKUTAの2011年初演の同名舞台を「凪待ち」の白石和彌監督が映画化。こはるは三兄妹の子どもたちの幸せを守るために愛する夫を殺害。それから15年後、あの日以来時間が止まってしまった一家の元にこはるが帰ってくるが……。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を「サムライマラソン」の佐藤健が、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を「彼岸島 デラックス」の鈴木亮平が、事件によって美容師になる夢を諦めた妹・園子を「勝手にふるえてろ」の松岡茉優が、母親・こはるを2010年に紫綬褒章を受章した田中裕子が演じる。

予告編・関連動画

ひとよ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

土砂降りの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は最愛の子どもたち三兄妹の幸せのため、愛した夫を手にかけた。そして子どもたちに15年後の再会を誓い、姿を消した。その日から家族の運命は一変し、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は心の傷を隠し持ったまま大人になった。事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩む三兄妹。そんな時間が止まってしまった一家のもとに、こはるが帰ってくる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
123分

[c]2019「ひとよ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • eggeater

    5
    2020/4/5

    帰宅ルートから大きく外れた映画館の打ち切り間際のレイトショー。前情報もとらず大して期待もせず、重い足を引きずり何となく観に行ったのだが、完全にいい意味で裏切られました。仕事の疲れも吹き飛び最後まで魅入ってました。19年の最後をかざる作品との出会いに感謝。田中祐子の演技に賛否あるようだが私は好きだな、これ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2020/2/2

    【賛否両論チェック】
    賛:家族としての正しい選択の在り方を、壊れてしまった家族の葛藤を通して生々しく赤裸々に描いていくので、観ている者の胸に否応なく響いてくる。
    否:暴力描写や性描写が多いので、苦手な人には向かない。

     片や子供達のためを想う一心で、暴力を振るう父を殺害し、15年間再会を待ちわびていた母。片や暴力からは解放されたものの、厳しい差別と嫌がらせにさらされ、人生が狂ってしまった子供達。15年という歳月が「家族として何が正しいことなのか」という答えの出ない問いを、観る者の胸に否応なく突きつけてきます。
     キャストも非常に豪華です。演者さん達が迫真の演技で観せる、壊れてしまった家族がぶつかり合いながらもがき続けていく姿が、非常に生々しくて痛々しく感じられます。
     子供に暴力を振るうシーンや、ラブシーンなんかも結構あるので、観る人やシチュエーションは選んで然りだと思いますが、家族という1番身近で1番難しい存在を赤裸々に描いた作品ですので、是非チェックしてみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    4
    2019/11/17

    家庭内暴力を振るう父親から子どもたちを守る、その未来を守るため、手にかけてしまうと言うショッキングなシーンから始まりますが、罪の夜から抜けだけない苦悩を丁寧に描いている良作と思いました。
    ただ認知症の老親が徘徊の末死んでしまうシーンは入り用だったかな?という気はします。
    ただこはるの「自分にとって特別な夜ならそれでいい」と言うくだりの台詞は胸にジーンと来ました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告