ひとよ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ひとよ

2019年11月8日公開,123分
PG12
  • 上映館を探す

桑原裕子が作・演出を手がけた劇団KAKUTAの2011年初演の同名舞台を「凪待ち」の白石和彌監督が映画化。こはるは三兄妹の子どもたちの幸せを守るために愛する夫を殺害。それから15年後、あの日以来時間が止まってしまった一家の元にこはるが帰ってくるが……。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を「サムライマラソン」の佐藤健が、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を「彼岸島 デラックス」の鈴木亮平が、事件によって美容師になる夢を諦めた妹・園子を「勝手にふるえてろ」の松岡茉優が、母親・こはるを2010年に紫綬褒章を受章した田中裕子が演じる。

予告編・関連動画

ひとよ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

土砂降りの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は最愛の子どもたち三兄妹の幸せのため、愛した夫を手にかけた。そして子どもたちに15年後の再会を誓い、姿を消した。その日から家族の運命は一変し、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は心の傷を隠し持ったまま大人になった。事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩む三兄妹。そんな時間が止まってしまった一家のもとに、こはるが帰ってくる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
123分

[c]2019「ひとよ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2020/2/2

    【賛否両論チェック】 賛:家族としての正しい選択の在り方を、壊れてしまった家族の葛藤を通して生々しく赤裸々に描いていくので、観ている者の胸に否応なく響いてくる。 否:暴力描写や性描写が多いので、苦手な人には向かない。  片や子供達のためを想う一心で、暴力を振るう父を殺害し、15年間再会を待ちわびていた母。片や暴力からは解放されたものの、厳しい差別と嫌がらせにさらされ、人生が狂ってしまった子供達。15年という歳月が「家族として何が正しいことなのか」という答えの出ない問いを、観る者の胸に否応なく突きつけてきます。  キャストも非常に豪華です。演者さん達が迫真の演技で観せる、壊れてしまった家族がぶつかり合いながらもがき続けていく姿が、非常に生々しくて痛々しく感じられます。  子供に暴力を振るうシーンや、ラブシーンなんかも結構あるので、観る人やシチュエーションは選んで然りだと思いますが、家族という1番身近で1番難しい存在を赤裸々に描いた作品ですので、是非チェックしてみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/11/18

    やっぱりこの監督は間違いないなぁ 三人で笑うところは名シーン 余韻が残る で デラベッピン 懐かしい 見てよかったよ

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2019/11/14

    決して楽しい内容ではないが、心につきささる作品。題名の「ひとよ」は「人よ」だと思っていたが、「一夜」だったのか?両方を示しているのだろう。たった一晩で人生が変わる。たった一つの行動が家族を崩壊に導く。佐藤健さんの重たい表情、鈴木亮平さんのどもりあるつたない話し方、松岡茉優さんの今まで感じていた清純派イメージを払拭した一皮むけた演技は特に凄くて驚き!田中裕子さんの母の子供に対する思い、佐々木蔵之介さんの変貌姿、みんな素晴らしい演技力でした。俳優の演技力を最大限に引き出した映画のような気もします。父から子供を守る為にとった母の行動は、子供達に重たい影を落とす。犯罪者の家族のつらい境遇をグッと感じた。親は子供を思う為に行動したとしても、果たしてそれは子供にとって本当に良かったことなのか?これは犯罪者家族という非日常の世界かもしれないが、多かれ少なかれ親の思い子供に届かずではないが、食い違いのある親子関係家族関係いえ、家族だけでなく人間関係にはあるのではないか?時が過ぎても一度幻滅し受け入れることができない感情は簡単には戻せない。家族だから・親だから血縁関係の絆があっても受けた傷を癒せるかは本人次第。でも本人の考え方ひとつで状況は変われるのかもしれない。相手の為にと思ってとった言動が実は相手を傷つけてしまっているのかもしれないことを教えてくれる映画だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/11/13

    重いが、家族再生の話としては、よい内容。 桑原裕子さんの劇団の舞台を、白石和彌監督が映画化ということで、すごく相性のいい組み合わせだったと思う。 佐藤健や佐々木蔵之介にあんな役をやらせたことに、驚きと拍手!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2019/11/13

     2013年の「凶悪」以降、何かと話題作を撮り続けている白石監督の新作。  今回も、子供たちのために暴力夫を殺害し、約束どおり15年後に子供たちの前に帰ってきた母親と、そのことに困惑し、複雑に揺れ動く子供たちとの「家族のかたち」を今までになかった視点と骨太のストーリーで描いていました。そのため、最後まで緊張が途切れることなく、ゆく末を見とどけることができました。  また、次男を演じた佐藤健は、何をしでかすかわからない、一番反抗的ではあるが実は一番優しいという難しい役をとても上手に演じていて、まさに新境地でした。  逆に母親役を演じた田中裕子は、悪くはありませんでしたが、最近のドラマ等での役と演技の延長線的で、今回の重要な役が合っていたかどうかは疑問です。  とはいえ、この映画で描かれている「家族のかたち」は特殊なものばかりではあるものの、「親子の絆」についてあらためて考えさせられたのも事実です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    2019/10/21

    家庭内暴力で父を殺めた家族の物語であり、世間からのバッシングに耐えながら生き抜く子供たちの壮絶な生活が描かれていました。リアリティのある作品で、佐藤さんの迫真の演技にとても見入ってしまい、とても感動的な作品となっていました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    shiron56158431

    5.0
    2019/10/5

    田中裕子さんをキャスティング出来た時点で、名作確定でしょう!! 人物の過去が透けて見える、大好きな女優さんです。 他にも筒井真理子さん、松岡茉優さん、韓英恵さんと、なんとも豪華! 旬の実力派女優さん達のフルコースに大満足でした。 一つ一つのエピソードがどれも印象深く、一つ一つのシーンが目に焼き付いているのですが、どれもネタバレになりそう… せっかく白石監督のティーチインで貴重なお話しが聞けたことですし、裏話などを紹介しつつ、個人的に感じた事をレビューしたいと思います。 元は戯曲だそうです。『母帰る』ですねww 三兄弟のキャスティングについては、佐藤健さんが決まって、そこから年齢などのバランスを考えてオファーしたらしいのですが、 インタビュー中に何度か「どうなるか楽しみだった。」とおっしゃっていたのを聞いて、 自分が白石監督作品のどこに惹かれているのかがわかった気がしました! 私はとくに『日本で一番…』や『牝猫たち』で描かれる、人の欲望で出来たような繁華街が大好きなのですが 70年代のアバンギャルドな映画に通じる熱量を感じて興奮します。 白石監督はきっと、自分の伝えたいテーマやメッセージよりも、フィクションの中のリアルをフィルムに焼き付けたい派に違いない!(←あくまでも個人の意見です) だから、あんなにも生々しく映像が迫ってくるのか! 完璧な作り物の中で起こる化学反応を楽しんでいるように感じました。 「こんなシーンを撮りたい」よりも「このシーンはどんなシーンに出来上がるのか?」を楽しんでいるような。 でも、それって役者に対してもスタッフに対しても信頼が無いと出来ない事ですよね? そう言えば、監督はお気に入りのシーンで笑うらしいのですが、佐々木蔵之介さんが感情を爆発させるシーンは、牽引車に乗っていたこともあって、笑いながら撮影していたそうです。 佐藤健くんの熱量はもちろん、松岡茉優ちゃんのアドリブ。三人が兄弟に見える瞬間や(←中庭のタバコシーンは、直前にしていた雑誌名の会話をそのまま追加したそうです) 役作りの為に半年の間、他の仕事をセーブして白髪を伸ばした田中裕子さん。別の作品に出演しているうちから吃音の練習を始めた鈴木亮平さん…。 「役者ってすごいなと思う。」という監督の言葉には 役者に対してのリスペクトと、冷静な眼差しを感じました。 自分の理想プランに近づける事をしない分、早撮りに違いない。 だから、年に3本も公開出来るのだな。_φ( ̄ー ̄ ) 早撮りと言えばクリント・イーストウッド監督が有名ですが、似ているようでいてちょっと違うかも? その場で起きる生の感覚を大切にしているのは同じかもしれませんが、イーストウッド監督は役者が芝居をしすぎないように意識している気がします。 白石監督は逆にもっとやれ!もっとやれ!って感じですよねww イーストウッド監督は「正義とは?」を描き続けていて深い感動に包まれますが、白石監督の作品には逆に“正しいこと”への価値観を覆す手厳しさに痺れます。(たとえば『牝猫たち』の子供を預かる男とか。) でも、両方に共通するのはユーモア! とくに『ひとよ』は笑えるシーンが多かった! クスクスやニヤリではなく、声を出して笑えるのに、映画のトーンを壊さず物語が途切れない。 笑いが入ることで、複雑で面倒くさい人間達が豊かな愛すべき存在になる気がします。 聞き手の方が「音尾琢真 大喜利」と名付けていましたが、ホント音尾さんは笑いを持っていってました。 そして、実は物語のキーマンでもある。 監督曰く「タクシー会社は疑似家族で、本当の家族より家族らしいところがある。」 「血の繋がっている家族と、疑似家族。その中間に位置するのが、音尾琢真さん演じる “いとこ” の進。」なるほど。確かに中間で、一連の被害者でもあるけれど、遠慮なく感情をぶつけるほどの近さは無い。 橋のシーンでの音尾琢真さんのセリフは物語のキーポイントとなっているようです。 愛するシーンの数々を書き連ねたい気持ちですが、ネタバレにならなそうなシーンを一つだけ。 やはり私は母親目線なので、再会のシーンに胸が熱くなりました。 それまでの思いの深さを感じさせる名シーンですので、ご堪能ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告