ひとよ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ひとよ

ひとよ

2019年11月8日公開,123分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

桑原裕子が作・演出を手がけた劇団KAKUTAの2011年初演の同名舞台を「凪待ち」の白石和彌監督が映画化。こはるは三兄妹の子どもたちの幸せを守るために愛する夫を殺害。それから15年後、あの日以来時間が止まってしまった一家の元にこはるが帰ってくるが……。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を「サムライマラソン」の佐藤健が、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を「彼岸島 デラックス」の鈴木亮平が、事件によって美容師になる夢を諦めた妹・園子を「勝手にふるえてろ」の松岡茉優が、母親・こはるを2010年に紫綬褒章を受章した田中裕子が演じる。

予告編・関連動画

ひとよ

予告編

2019/8/21(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

土砂降りの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は最愛の子どもたち三兄妹の幸せのため、愛した夫を手にかけた。そして子どもたちに15年後の再会を誓い、姿を消した。その日から家族の運命は一変し、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は心の傷を隠し持ったまま大人になった。事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩む三兄妹。そんな時間が止まってしまった一家のもとに、こはるが帰ってくる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
123分
製作会社
企画・制作プロダクション:ROBOT

[c]2019「ひとよ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /51件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?