哀愁しんでれら|MOVIE WALKER PRESS
MENU

哀愁しんでれら

2021年2月5日公開,114分

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016でグランプリを受賞した脚本を土屋太鳳主演で映画化。児童相談所勤務の小春は、一晩で怒涛の不幸に遭い、全てを失ってしまう。人生を諦めようとしていた彼女だったが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟と出会い……。共演は「mellow」の田中圭、キッズインスタグラマーのCOCO、「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈。監督・脚本は「3月のライオン」「ビブリア古書堂の事件手帖」などの脚本を手がけた渡部亮平。

予告編・関連動画

哀愁しんでれら

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

児童相談所で働く小春(土屋太鳳)は、自転車屋を営む父、妹、祖父と共に暮らしている。母に捨てられた過去を抱えながらも、幸せでも不幸せでもない平凡な毎日。ところがある夜、祖父が倒れ、車で病院に向かうも事故に遭い、父が飲酒運転で連行されてしまう。そんななか、火の不始末が原因で自宅は火事になり家業は廃業、さらに小春は彼氏の浮気を目撃、しかも相手は自分の同僚だった……。一晩で全てを失った小春。そんな時に出会ったのが、8歳の娘・ヒカリ(COCO)を男手ひとつで育てる開業医・大悟(田中圭)であった。優しく、裕福な大悟からプロポーズを受ける小春。「ただ幸せになりたい」と願う小春は彼を受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がる。まさにシンデレラとなった彼女は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、新婚生活をスタートさせるのだが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
配給
クロックワークス
上映時間
114分

[c]2021 「哀愁しんでれら」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.7
  • komuhito

    4
    29日前

    衝撃的なラスト、嫌悪感を抱く人がいるのもわかる~
    そう思って映画館を出た後、あれ?悪いのは誰?と立ち止まった。

    「なぜその女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのか」
    予告で見たこの言葉を、今も考えている。
    小春と大悟は自分かもしれないし、間近で起こりうる出来事かもしれない。

    TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2016グランプリ受賞作

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • fig262

    5
    1ヶ月前

    悲劇部があんなに短いとも思ってなくて、もはやギャグやんって。しかし、怒涛の悲劇やったけど、まだイノセントって言うか、セリフの端々にクスっと笑える軽みがあって、カレー臭とか、後半のためのバランスと思うけど、元彼の作った歌、ばっさりカットする編集とか、色々笑った。そして、モンペというか、モラハラの人(本当は違うのやけど)と思って観ると、前半から、言葉の端々に、感じると言えば感じる。文字数

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • nagagutu_happy7

    5
    1ヶ月前

    真が強くて純粋だった小春が、実はいわく付きの開業医の大悟と結婚し、夫の大悟とその娘のヒカリによって徐々にメンタルが崩壊して行く様は、映画を観ているこちら側にもある意味ホラー的に心理状態に圧迫をかけて来ます。
    ラスト小春が点滴を眺めた後、大悟に耳打ちした時に嫌な予感はしましたが、やはり結果その通りになってしまい。
    各々の過去のトラウマが招いた惨劇を描いてるようにも思えました。
    なかか面白かった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告