アジアの天使|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アジアの天使

2021年7月2日公開,128分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「生きちゃった」の石井裕也監督が、メンバーの95%以上が韓国というスタッフ・出演チームを組み、全編韓国ロケをした人間ドラマ。妻を失い韓国にいる兄の元へ行く剛。家族関係に悩むタレントのソル。二つの家族がソウルで出会い、新しい家族の形を模索する。「ぼくたちの家族」はじめ石井監督と5度目のタッグになる池松壮亮が本作で韓国初進出。剛の兄をキム・ギドク監督作「人間の時間」など海外作品に多数出演するオダギリジョーが、ソルを「金子文子と朴烈」のチェ・ヒソが演じる。第16回大阪アジアン映画祭クロージング作品。

予告編・関連動画

アジアの天使

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

病気で妻が亡くなり、8歳のひとり息子・学を持つ青木剛(池松壮亮)は、疎遠になっていた兄(オダギリジョー)が住むソウルへ、日本から逃げるように渡っていく。兄からは韓国で仕事があると聞いていたが、兄はその日暮らしの貧しい生活を送っており、想像とは異なっていた。剛はほとんど韓国語も話せないまま、怪しい化粧品の輸入販売を手伝うことになる。一方、チェ・ソル(チェ・ヒソ)はソウルでタレント活動を行っているものの、市場のステージで誰も聞いていない歌を歌う仕事しかない。所属事務所の社長と関係を持ちながら、自分の歌を歌えない環境やうまくいかない兄や妹との関係に悩んでいた。事業に失敗した青木と兄、学たちと、資本主義社会に弾かれたソルと兄、妹たちというどん底に落ちた日韓2つの家族は、やがて共に運命を歩んでいく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
クロックワークス
上映時間
128分

[c]2021 The Asian Angel Film Partners [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2ヶ月前

    互いに認め合い、寄り添っていければ...。
    日韓で制作され「天使」には色んな意味と思いが込められていた。皆がそれぞれ誰かの天使であればと。相手のことを想う大切さをあらためて教わった気がする。心を整えるのに、もってこいの作品。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コバヒロ

    3.0
    2ヶ月前

    オール韓国ロケは見応えあり。ロードムービー的であり、旅を通じて、言葉が通じない物同士がコミュニケーションを取れるようになっていく様がほのぼの。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    2.6
    2ヶ月前

    妻を病気で亡くし、幼い息子を連れて兄のいる韓国へ渡った主人公だが、兄が韓国人に騙され事業が破綻。食いぶちを求めて列車で移動する中、韓国人の兄妹と偶然遭遇。共に旅をしながら交流を深めていくヒューマンドラマ。日韓に横たわる歴史問題を中心に韓国人が抱く日本人への嫌悪感をストレートに描きながらも、主人公らが自分たちと同じような境遇にある事を知るにつれて次第に韓国人兄妹の気持ちが変化していく所が面白い。結局、日韓の対立は、国民レベルの対立ではなく、単に政治的な対立であることを浮かび上がらせているところが興味深い。

    違反報告