リッちゃん、健ちゃんの夏。|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リッちゃん、健ちゃんの夏。

2021年10月1日公開,30分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

あいち国際女性映画祭2020の実写部門グランプリを受賞した短編ラブストーリー。2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録された「黒島の集落」を舞台に、美しく清らかな自然のなか、女子中学生と国語教師の淡い恋が紡がれていく。監督はCMで多くの作品を手がけ、本作と同時上映される短編映画「春」で監督デビューを飾った大森歩。主人公のリッちゃんを演じるのは、カネボウ「KATE」などのモデルを務め、「サムライせんせい」などに出演する武イリヤ、「ナポレオンと私」などの笈川健太が教師の健ちゃんを演じる。そのほか大國千緒奈、藤原隆介らが出演。アルバム『北へ向かう』が話題の寺尾紗穂が主題歌「あの日」を手掛けている。

フォトギャラリー

リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像1
リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像2
リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像3
リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像4
リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像5
リッちゃん、健ちゃんの夏。 画像6

予告編・関連動画

リッちゃん、健ちゃんの夏。

特報

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長崎県佐世保市在住の中学2年生のリッちゃんは、両親の離婚によって2学期から東京に転校する。佐世保で最後の夏休み、リッちゃんは恋心を抱く国語教師の健ちゃんを追って海を渡り黒島にやってきた。そこは遠い昔、迫害された潜伏キリシタンが逃げてきたところで、島には黒島天主堂などの「祈り」の場所が大切に守られていた。島で自給自足の生活を送る健ちゃんと再会したリッちゃんは彼に思いをぶつける。死んでもいいと思うほど愛する人との「祈り」にも似た恋は実るのだろうか。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
アルミード
上映時間
30分

[c]渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2019 AOI Pro. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?