フェルナンド・ボテロ 豊満な人生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
フェルナンド・ボテロ 豊満な人生

フェルナンド・ボテロ 豊満な人生

2022年4月29日公開,82分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2022年で生誕90年を迎える南米コロンビア出身の美術家フェルナンド・ボテロの素顔と独創的で多幸感あふれる作品の数々に迫るドキュメンタリー。ボテロ作品の特徴は人や動物、果物など、あらゆる形がふくらんでいること。そのボリュームある対象に込められた官能やユーモア、アイロニーとは。ボテロ独特の「魔法」をヨーロッパ、NY、中国、コロンビアで長年にわたって撮影されてきた映像と、ボテロ本人やファミリー、歴史家、キュレーターの証言で読み解いていく。

予告編・関連動画

フェルナンド・ボテロ 豊満な人生

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界でもっとも有名な存命するアーティストのひとりで、パリ、ピエトラサンタ、NYを拠点に精力的な活動を続けているフェルナンド・ボテロ。彼はどのようにして「マエストロ」になったのかは、あまり知られていない。ボテロは1932年4月19日、コロンビアのメデジンで商人の父とお針子の母の元に生まれた。幼い頃に父を亡くし貧しい生活を送っていたが、新聞のイラストレーターとして働き始め、修行のためヨーロッパ、メキシコ、NYへと移る。人間や動物をふくよかな体型で表現したユーモアあふれる独特の作風は、厳しい評価を受ける一方で、1950年代後半からヨーロッパで次第に注目を集めるようになる。そして1963年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のエントランス・ホールにボテロの《12歳のモナ・リザ》が展示されたことで、その名が一気に広まる。貧困、長年の厳しい批判、4 歳の息子の悲劇的な死、これらを乗り越えた彼の静かな決意と強さ、絶え間ない構想、揺るぎない信念。自らの作品をすべて寄付して作られたボテロ美術館の内部や、カリフォルニア大学バークレー校に寄贈されたアブグレイブ刑務所を描いた絵画など、さまざまな作品が登場し、彼の芸術の真相を見せてくれる。

作品データ

原題
BOTERO
製作年
2018年
製作国
カナダ
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
82分
製作会社
Hogan Millar Media

[c]2018 by Botero the Legacy Inc. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?