たぶん悪魔が:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
たぶん悪魔が
たぶん悪魔が

たぶん悪魔が

2022年3月11日公開,93分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)に輝いたロベール・ブレッソンの傑作を製作から45年を経て日本初上映。自殺願望に取り憑かれた裕福な青年シャルルは、友人や彼を慕う女性たちとの交流を重ねながらも、死への誘惑を絶ち切ることができず……。出演はアントワーヌ・モニエ、ティナ・イリサリ、アンリ・ド・モーブラン、レティシア・カルカノ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

裕福な家柄の出でありながら、自殺願望に取り憑かれた美しい青年シャルル。彼は、政治集会や教会の討論会に顔を出しても、違和感を覚えるだけで何も解決することができなかった。環境破壊を危惧する生態学者の友人ミシェルや、シャルルに寄り添おうとする2人の女性、アルベルトとエドヴィージュらと共に過ごしていても、死への誘惑を断ち切ることができずにいた。やがて冤罪で警察に連行されたシャルルは、ますます虚無感にとりつかれ、銃を手にする……。

作品データ

原題
Le diable probablement
映倫区分
G
製作年
1977年
製作国
フランス
配給
マーメイドフィルム/コピアポア・フィルム
上映時間
93分
製作会社
Sunchild Productions=G.M.F/M. Chanderli

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?