配信時以上の議論を巻き起こすのか!?「日本沈没2020」の劇場版が全国公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/20 18:00

配信時以上の議論を巻き起こすのか!?「日本沈没2020」の劇場版が全国公開決定

7月にNetflixで配信開始した全10話のアニメ「日本沈没2020」が、劇場版として再編集。配信版と同じく、『きみと、波にのれたら』(19)、「映像研には手を出すな!」の湯浅政明が監督を務めた『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』が、11月13日(金)に公開することが決定した。

衝撃の話題作「日本沈没2020」劇場版が全国公開へ
衝撃の話題作「日本沈没2020」劇場版が全国公開へ[c]“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

日本SF界の重鎮、小松左京の大ヒット小説「日本沈没」の初アニメ化となる「日本沈没2020」は、“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、舞台を2020年現在の日本に設定。アニメならではのファンタジー性を取り入れながら、容赦なく襲う大災害のなかを、ごく普通の家族が生き抜く様子をリアルに描いて反響を集めた。配信後にはSNSを中心に賛否両論が巻き起こり、連日更新されるNetflix国内視聴ランキングではNo.1を記録した。

今回、全国公開が決定した『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』は、そんなセンセーショナルな作品を、湯浅監督の手による編集で劇場版として再構築したもの。全10話の配信版から、1本の映画として情報量を絞ることで、令和における日本沈没のもつテーマ性と時代性がより鮮明に。あわせて届いたポスタービジュアルは、本作全編を通して観て初めて得られる"日本の喪失からの希望"を感じさせる象徴的なデザインになっている。

湯浅監督から「1話のダビングの時に5.1chで作られた音が心地良くて、これはいい環境で見ないともったいないと思うように…」というコメントもあり、5.1chの劇場仕様の音響も楽しみな本作。大スクリーンで堪能できる劇場公開を待ちたい。