伊藤健太郎、清原果耶の美文字&語彙力にタジタジ「ズルい!」『宇宙でいちばんあかるい屋根』初日舞台挨拶に登壇|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/9/4 19:31

伊藤健太郎、清原果耶の美文字&語彙力にタジタジ「ズルい!」『宇宙でいちばんあかるい屋根』初日舞台挨拶に登壇

伊藤健太郎、清原果耶の大人っぽさにビックリ!
伊藤健太郎、清原果耶の大人っぽさにビックリ!

清原果耶が映画初主演を務めた『宇宙でいちばんあかるい屋根』の初日舞台挨拶が9月4日に新宿バルト9で開催され、清原と伊藤健太郎、藤井道人監督が登壇。清原が「柔らかい波をまとった方」と詩的な表現で伊藤の印象を明かし、伊藤は「そういう素敵な語彙力がないので、ズルい」と困惑。さらに清原が筆でしたためた美文字も目にすることとなり、伊藤は「もう僕の(文字)は出したくない!」とタジタジになって会場の笑いを誘った。

【写真を見る】清原果耶の美文字!伊藤健太郎も「すごいキレイ」と絶賛
【写真を見る】清原果耶の美文字!伊藤健太郎も「すごいキレイ」と絶賛

野中ともそによる同名小説を映画化した本作。誰にも話せない恋心や家族への思いを抱えていた14歳のつばめ(清原)が、派手な装いの老婆、星ばあ(桃井かおり)と出会い、悩みを打ち明けていく姿を描く。ロサンゼルス在住の桃井からはメッセージビデオが到着。ビデオ内で桃井は「つばめ、監督、ごめん」と切りだした桃井は、「伊藤くんいるんでしょ?監督とつばめに任せておくと暗くなっちゃうのよ。伊藤くん、頑張らなきゃいけない日よ」と伊藤を激励。発破をかけられた伊藤は「頑張りますよ!」と意気込み、楽しい雰囲気で舞台挨拶がスタートした。

映画初主演を務めた清原は「どんな気持ちで、どんな顔をしているんだろうとまじまじと見てしまいました。どうだったでしょうか」と映画鑑賞後の客席を見渡してニッコリ。会場から大きな拍手が上がると、「奇跡ですよね。自粛期間もあった。それを越えて、ちゃんと初日を迎えられたことのありがたみも、皆さんのお顔を見て実感しました」と感無量の面持ちを見せていた。

劇中では、清原演じるつばめから想いを寄せられる青年を伊藤が演じた。インタビューなどでは、清原が「柔らかい波をまとった方」と伊藤の印象を語っていたそうで、伊藤は「そういう素敵な語彙力がないので、どうしたらいいかわからない。先にそういう素敵な言葉を使われると、あとで答えるこちらが困る」と苦笑い。改めて清原の印象を聞かれた伊藤は、「素敵な光をまとっている」と回答し、これには清原も「あはは!」と大きな笑顔を浮かべた。伊藤は「撮影当時は17歳ですよね。大人すぎて、ビックリしました」と清原の落ち着きぶりに驚いていた。

伊藤健太郎は力強い手書き文字を披露!
伊藤健太郎は力強い手書き文字を披露!

また、自分にとって「宇宙いち染みる言葉」を披露するひと幕も。「初日」と美しい文字でしたためた清原は、「今日を迎えられて本当によかった。撮影にたずさわった皆さんも、お越しくださった皆さんにもありがたいなという気持ち」としみじみ。その達筆ぶりに「僕のはもう出したくない。すっごいキレイ」とタジタジなった伊藤は、「しぶとく生きろ」と発表して会場から拍手を浴びた。「劇中にあるこの言葉が心に刺さった。しんどい時に思い出すだけで、ちょっと乗り越えられそう」と語ると、藤井監督は「味がある。好きです!」と伊藤の書道について称えていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品