山崎賢人と土屋太鳳のシリアスなまなざしに引き込まれる…「今際の国のアリス」新ビジュアル解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/18 8:00

山崎賢人と土屋太鳳のシリアスなまなざしに引き込まれる…「今際の国のアリス」新ビジュアル解禁

『いぬやしき』(18)などで知られる佐藤信介監督のもと、山崎賢人と土屋太鳳W主演で送るNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(12月10日配信)。本作より、主演の山崎、土屋が写るダブルアートビジュアルと、第2弾予告映像が公開された。

2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」にて連載されていた、麻生羽呂による同名コミックスを原作とした本作。夢や生き甲斐を見出せず人生をぼんやり生きてきたアリス(山崎)と、どんな状況でも“生きる意味”を探求し続けるウサギ(土屋)が、突如放り込まれた“今際の国”で生き延びるために協力しあいながら理不尽な現実に向き合う姿を描く。二人のほか、村上虹郎、町田啓太、三吉彩花、桜田通、水崎綾女、阿部力、金子ノブアキ、仲里依紗ら個性豊かな俳優陣の共演も見どころだ。

解禁されたダブルアートは、禍々しい雰囲気を感じる東京をバックに、過酷な世界で生き抜くアリスとウサギのシリアスな表情が印象的な仕上がりに。二人の見つめる先にあるものとは絶望か希望か、そんな壮大な物語を思わせるビジュアルになっている。

新たな予告映像では、緊張感の漂う空気のなかトランプを使用した、生きるか死ぬかの“げぇむ”に参加する面々が映しだされる。マークごとに4つのジャンルに分けられた“げぇむ”は、勝利し“ビザ”を手にすることでトランプの数字の日数だけ生き延びられるルール。そんな理不尽な世界に閉じ込められ、協力を決意したアリスとウサギだったが、二人のもとに怪しい男ボーシヤが現われ、あることを告げる。

“生きること”に正面から向き合う人々の様子をスリリングに描いた本作。チーム戦、頭脳戦、体力戦、心理戦と、様々な“げぇむ”が展開していく緊張感を味わってみよう。

※山崎賢人の「崎」は立つ崎が正式表記

文/トライワークス