HIKAKINが『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で人気“妖Tuber”を熱演!公開日も8月13日に決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/27 7:30

HIKAKINが『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で人気“妖Tuber”を熱演!公開日も8月13日に決定

2005年に公開され興行収入20億円のヒット作を復活させた『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の公開日が8月13日(金)に決定。寺田心を主演とする同作の新妖怪キャストとしてHIKAKINが出演することが明らかとなり、共演シーン&撮り下ろしコメント動画が到着した。

前作に続いて三池崇史監督がメガホンをとった本作。列島を南北に縦断する断層=フォッサマグナから現れた“妖怪獣”により、妖怪界と人間界に未曽有の危機が到来。伝説の武神を復活させるため、妖怪ハンターの血を継ぐ兄弟が思いもよらない大冒険に身を投じていく姿を描く。兄弟の兄であるケイを寺田が扮し、ケイを取り巻く妖怪役を杉咲花、大沢たかお、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIREが務める。

HIKAKINは妖怪動画投稿サイト「妖Tube」で絶大な人気を誇る妖Tuber“ひかきん”を演じる。動画では、HIKAKINのコメントに続いて日本の妖怪と世界中のモンスターが一堂に会する世界妖怪会議“ヤミット”の情景が映しだされる。激しい議論が交わされるなか、おもむろに小豆を洗い始めた小豆洗い(岡村隆史)に「ややこしいタイミングで小豆洗うな!」とつっこみを入れるひかきんに、ニヤリとさせられる。またあわせて解禁された画像では、トレードマークであるメガネはそのままに、特殊メイクを施されたHIKAKINが得意の変顔と両手を招き猫のようにした定番ポーズを披露する姿が切り取られている。


HIKAKINはこの定番ポーズについて「映画館でも『あれ、HIKAKINじゃない?』と一発でわかっていただきたく、劇中でもやってしまいました」とコメント。三池監督は「真摯に全力で演じてくれる紳士で優しい“妖怪”」とHIKAKINの演技を絶賛している。

選ばれし宿命の兄弟は“妖怪獣”の脅威から世界を救うことができるのか?史上最大の“妖怪大戦争”の行方に注目したい。

関連作品