キム・スヒョンやソン・ジュンギらがドレスアップ!“韓国のゴールデン・グローブ賞”でNetflix作品が大旋風|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/16 20:00

キム・スヒョンやソン・ジュンギらがドレスアップ!“韓国のゴールデン・グローブ賞”でNetflix作品が大旋風

『パラサイト 半地下の家族』(19)や「愛の不時着」(Netflixにて配信中)など、近年国内外で大きな注目を集めている韓国の映画・ドラマ界。そこで活躍する俳優や製作者たちが勢ぞろいし、“韓国のゴールデン・グローブ賞”とも呼ばれている第57回百想芸術大賞の授賞式が13日に開催された。

映画部門の作品賞を受賞した『サムジンカンパニー1995』は7月9日(金)公開
映画部門の作品賞を受賞した『サムジンカンパニー1995』は7月9日(金)公開[c]2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

映画部門の大賞に選ばれたのは、『ソウォン/願い』(13)や『金子文子と朴烈』(17)のイ・ジュンイク監督の最新作で、ソル・ギョングが主演を務めた時代劇『The Book of Fish』。作品賞にはポン・ジュノ監督の『グエムル/漢江の怪物』(06)で注目を集め、韓国版「ドラゴン桜」で生徒役を演じていたコ・アソンが主演を務めた『サムジン・カンパニー1995』(7月9日公開)。そして海外の映画祭でも高く評価された『夏時間』(公開中)が新人監督賞と新人女優賞を受賞した。

『バーニング 劇場版』で鮮烈なデビューを果たし、これが2作目の映画出演となったチョン・ジョンソ
『バーニング 劇場版』で鮮烈なデビューを果たし、これが2作目の映画出演となったチョン・ジョンソImage Courtesy of the Baeksang Arts Awards

また、『バーニング 劇場版』(18)のユ・アインと「梨泰院クラス」(Netflixにて配信中)で主人公の宿敵チャン・デヒ役を演じたユ・ジェミョンが共演した『Voice of Silence』が監督賞と主演男優賞を受賞。ユ・アインは韓国の主要映画賞のひとつとして知られる青龍映画賞につづいての主演男優賞制覇となった。

同じく『バーニング 劇場版』で鮮烈なスクリーンデビューを果たしたチョン・ジョンソが、Netflix映画『ザ・コール』(Netflixにて配信中)で主演女優賞を受賞。助演男優賞には『Deliver Us From Evil』のパク・ジョンミンが、助演女優賞には『Three Sisters』のキム・ソニョンがそれぞれ輝いている。

「サイコだけど大丈夫」はテレビ部門助演男優賞と技術賞の2部門を制覇
「サイコだけど大丈夫」はテレビ部門助演男優賞と技術賞の2部門を制覇Netflixオリジナルシリーズ「サイコだけど大丈夫」Netflixで独占配信中.

テレビ部門では韓国で国民的人気を誇るコメディアンのユ・ジェソクが第49回につづいて2度目の大賞を受賞し、MCを務めた「撮るなら何する?」がバラエティ作品賞を受賞。シン・ハギュンとヨ・ジングが共演した「怪物」がドラマ作品賞と脚本賞と主演男優賞の3冠に輝き、「ペントハウス」のキム・ソヨンが主演女優賞を受賞した。

「ヴィンチェンツォ」でテレビ部門主演男優賞にノミネートされたソン・ジュンギ
「ヴィンチェンツォ」でテレビ部門主演男優賞にノミネートされたソン・ジュンギImage Courtesy of the Baeksang Arts Awards

映画・テレビの両部門で9作品15の賞で23ノミネートを獲得したNetflix勢は、前述の『ザ・コール』のチョン・ジョンソ以外にも、『スペース・スウィーパーズ』(Netflixにて配信中)が映画部門技術賞を、「サイコだけど大丈夫」(Netflixにて配信中)がテレビ部門の助演男優賞と技術賞を受賞するなど各部門を席巻。
TikTok人気賞を「スタートアップ:夢の扉」(Netflixにて配信中)に出演したキム・ソンホと「サイコだけど大丈夫」に出演したソ・イェジが受賞したことを含めると、8つの賞を受賞することとなった。

関連作品

  • サムジンカンパニー1995

    -
    8
    コ・アソン主演で大企業で勤める高卒女性社員たちが会社の不正に立ち向かう姿を描く
  • 夏時間

    3.9
    12
    ユン・ダンビ監督が10代の少女の視点から家族と友人との関係を描いたひと夏の物語