『シン・エヴァンゲリオン劇場版』36頁の冊子に新バージョン上映、ドルビーシネマでサービス、サービスぅ!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/7 19:00

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』36頁の冊子に新バージョン上映、ドルビーシネマでサービス、サービスぅ!

今年3月に、25年に渡るシリーズの最終章として公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開中)。公開よりまもなく3か月となる本作が、6月12日(土)より3つのサービスを開始することが明らかとなった。

【写真を見る】松原秀典による、描き下ろし画像にはプラグスーツ姿のアスカが
【写真を見る】松原秀典による、描き下ろし画像にはプラグスーツ姿のアスカが[c]カラー

1995年のTVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」を皮切りに、2007年からは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」が開始するなど社会現象を巻き起こしてきた本シリーズ。繰り返しの公開延期を経て今年3月8日から公開された本作は、興行収入86.5億円、観客動員数567万人超えと、シリーズ史上最高のヒット作となった。

今回、来場への感謝をこめて行われるというサービスのまず一つ目は、公式謹製36P冊子「EVA-EXTRA-EXTRA」を全国合計100万名に入場者プレゼントとして配布。本作に参加した豪華クリエイターたちが再集結して制作され、これまで語られることのなかった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(12)の前日譚が描かれた漫画なども含まれたファン必携の1冊となっている。

2つ目は、本編映像のさらなる調整が行われた新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』の上映。一部カットの差し替えがなされており、また少し異なる“シン・エヴァ”を楽しむことができる。3つ目は、全国の6劇場にてドルビーシネマでの上映が決定。ドルビーシネマならではの圧倒的な音響や色彩は、リアルな「エヴァンゲリオン」の世界を感じられること必至だ。

「サービス、サービスぅ!」と言わんばかりの、盛りだくさんな劇場公開ラストラン。まだ続く“エヴァ”の世界を、冊子や新バージョン、ドルビーシネマでより深く楽しんでいきたい。

文/サンクレイオ翼

関連作品