広瀬すずと松坂桃李がW主演&監督は『怒り』の李相日!本屋大賞受賞作「流浪の月」の映画化が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
広瀬すずと松坂桃李がW主演&監督は『怒り』の李相日!本屋大賞受賞作「流浪の月」の映画化が決定

映画ニュース 2021/7/12 8:00

広瀬すずと松坂桃李がW主演&監督は『怒り』の李相日!本屋大賞受賞作「流浪の月」の映画化が決定

2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうの傑作ベストセラー「流浪の月」(東京創元社刊)を広瀬すずと松坂桃李のW主演、『怒り』(16)の李相日監督が脚本も手掛け映画化。2022年公開予定で『流浪(るろう)の月』の製作が決定し、キャスト&スタッフコメントが到着した。

【写真を見る】原作となる凪良ゆうによる傑作ベストセラー
【写真を見る】原作となる凪良ゆうによる傑作ベストセラー[c] 2022「流浪の月」製作委員会

原作が2020年年の年間ベストセラー1位にも輝いた本作は、9歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり広く世間に名前を知られることになった家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の佐伯文を松坂が演じ、2人の15年後の再会を描く。

李監督と二度目のタッグとなる広瀬は「本当にびっくりしました。でも、いつかまた、李組に参加したいという事は『怒り』以来、ずっと思い続けてきた事でもありました」、そして李組初参加となる松坂は「李監督とは初めてご一緒しますが、作品を拝見していて、いつかやってみたいとずっと思っていた方でした」とコメント。


対する李監督は「2人の眼差しが重なり、互いを慈しむ優しさにあふれた時、自分がどれほど心を奪われるのか…待ち遠しくてなりません」と広瀬と松坂への大きな期待を語り、凪良は「小説からさらに広がっていく映画『流浪の月』がいまから楽しみでなりません」とメッセージを寄せている。

『いのちの停車場』(公開中)でも共演し、今最も活躍する実力派俳優2人の豪華なW主演。クランクインは8月上旬の予定だが、どんな繊細な物語が紡がれるのか?今から公開が待ち遠しい。

関連作品

  • ブルーハーツが聴こえる

    2.5
    2
    人気バンド、THE BLUE HEARTSの楽曲を基にした6話構成のオムニバス作
    Amazon Prime Video Hulu
  • 怒り

    3.4
    40
    吉田修一の小説を映画化、逃亡中の殺人犯と周囲の人間を描くミステリー
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix