沢口靖子主演『科捜研の女 -劇場版-』歴代レギュラー総出演の予告が完成!主題歌は新進気鋭シンガー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/7/22 8:00

沢口靖子主演『科捜研の女 -劇場版-』歴代レギュラー総出演の予告が完成!主題歌は新進気鋭シンガー

1999年の放送開始から高視聴率をマークする沢口靖子主演の人気テレビシリーズ「科捜研の女」。シリーズ初となる映画『科捜研の女 -劇場版-』(9月3日公開)より、歴代レギュラーが総出演する予告とポスターが到着。主題歌を新進気鋭のシンガー、遥海が務めることもわかった。

【写真を見る】主題歌を手掛けたのは期待のシンガー、遥海!
【写真を見る】主題歌を手掛けたのは期待のシンガー、遥海![c] 2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

本作は、京都府警科学捜査研究所(通称、科捜研)を舞台とする科学ミステリー。法医研究員である榊マリコ(沢口)やマリコとバティを組む京都府警の土門薫刑事(内藤剛志)をはじめに、テレビシリーズのレギュラーキャスト10名が勢揃いして世界同時多発する“科学者”不審死事件に挑む。

予告は、「助けて」と言いながら高所から自ら飛び降りる京都、ロンドン、トロントの事件から幕を開ける。事件の類似性に気がついたマリコたち科捜研のメンバーと土門刑事は調査を開始。“未知の細菌”から世界的な発見で脚光を浴びている天才科学者の加賀野(佐々木蔵之介)にたどり着いたマリコが絶体絶命のピンチに陥る様子が映しだされ、興味がかき立てられる。

あわせて解禁されたポスターでは、加賀野の近未来的な実験室を背に、20年以上続くシリーズの歴代レギュラーキャストと加賀野の計21名が集結した。

さらに本作の主題歌も到着。予告編では、父である榊伊知郎(小野武彦)ほか元科捜研メンバーら歴代レギュラーメンバーの力も借りながら事件解明に向けて動き出す科捜研メンバーの奮闘を、テレビアニメ「波よ聞いてくれ」のエンディングテーマにも楽曲を提供する遥海による主題歌「声」が温かくも華やかに彩る。

自身初となる映画音楽を手掛けた遥海は「20年以上も続く、歴史の長い素晴らしい作品に携われてとても光栄に思います」とコメント。沢口は「記念すべき集大成『科捜研の女 -劇場版-』を、力強くのびやかな遥海さんの歌声が盛り上げて下さいます」と喜びの声を寄せているほか、兼崎涼介監督は「私が撮影する際に意識していた『優しさを持ったエンターテイメント』を体現してもらっていると感じています」、テレビ朝日ゼネラルプロデューサーの関拓也は「映画の世界をより広げてくれていて本当に感謝しております」と語っている。

マリコたちは「死の連鎖」を止められるのか?衝撃の最終実験とは?ますます盛り上がりを見せる『科捜研の女 -劇場版-』から目が離せない。

関連作品