『科捜研の女 -劇場版-』に渡辺いっけい、小野武彦ら歴代レギュラーキャストが勢ぞろい!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/3 7:00

『科捜研の女 -劇場版-』に渡辺いっけい、小野武彦ら歴代レギュラーキャストが勢ぞろい!

1999年の放送開始から20年以上愛されてきた人気ドラマシリーズ「科捜研の女」の初映画化となる『科捜研の女 -劇場版-』。9月3日より公開される本作への渡辺いっけい、小野武彦ら歴代レギュラーキャスト9名の出演が明らかになった。

本シリーズは京都府警科学捜査研究所(通称、科捜研)の榊マリコと仲間の研究者たちが事件の真相を追うミステリーで、科学の進歩と時代性を取り入れながら「現行の連続ドラマ 最⻑シリーズ」の記録を更新し続けている。劇場版には主人公マリコ役の沢口靖子、マリコのバディである土門薫刑事役の内藤剛志を始め、テレビシリーズから10名が続投するほか、史上最強の敵、天才科学者の加賀野亘役で佐々木蔵之介の出演が決定している。

このたび発表された新キャストは、テレビシリーズの歴代レギュラーキャストの9名。渡辺はマリコの離婚した夫で警察庁の倉橋拓也、小野はマリコの父親で監察官の榊伊知郎を演じる。さらに、戸田菜穂、田中健、野村宏伸、山崎一、長田成哉、奥田恵梨華、崎本大海も出演。
倉橋役の渡辺は「照れながら二枚目を演じていたあのころから年を重ね改めて倉橋拓也を演じるおもしろみを感じました」と19年ぶりの出演に対してコメントし、小野は「緊張感のあるなかにも親子を実感でき良いシーンになったと自負して居ります」と意気込みを語っている。


本作で伊知郎は、鑑定の正当性を精査するために娘のマリコと対峙する。はたして久しぶりの親子共演はどのようなシーンになるのか。

懐かしのキャストの出演も発表され、いよいよ全貌が明らかになってきた本作。公開を楽しみに待ちたい。