林遣都からもらった金メダルに犬のちえが大興奮!『犬部!』初日舞台挨拶|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/7/22 16:27

林遣都からもらった金メダルに犬のちえが大興奮!『犬部!』初日舞台挨拶

映画『犬部!』の初日舞台挨拶が7月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大、篠原哲雄監督、主題歌を歌ったNovelbrightのボーカル竹中雄大、犬や猫たちが登壇。林は撮影から宣伝まで長期間苦楽を共にした相棒であるミックス犬のちえに「あなたは本当にこの映画の主役です」と感謝を込めて金メダルを贈呈した。

片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」を原案にした本作は、2004年頃に青森県十和田市にある北里大学に実在した動物保護サークル“犬部”について描く青春映画。1匹でも多くの命を救おうと奮闘した熱血主人公の花井颯太役を林が演じた。

主人公・花井颯太役の林遣都
主人公・花井颯太役の林遣都

林はコロナ禍での公開延期を経て本日封切られた本作について「自分にとって大切な作品です。ワンちゃんたちに毎日囲まれながら撮影して、本当に楽しかったです。もう1回やりたいくらい幸せな撮影でした」と感無量の様子。

中川は、真冬に外で倒れるというシーンについて「真冬の夜という設定でしたが、撮影は真夏でめちゃくちゃ暑いなか、ダウンを着て外に倒れているシーンでした。犬たちに柴崎は囲まれるんですが、まさに犬まみれで、四方八方が犬、犬、犬(笑)。あんなに犬の温度を全身で感じたのは初めてだったので、犬好きにとってはたまらない経験でした」と笑顔で語った。

柴崎涼介役の中川大志
柴崎涼介役の中川大志

大原は脱走してきた犬のニコと、林演じる颯太のシーンについて「人を怖がっちゃうワンちゃんなのに、遣都さんの腕のなかから離れたくないというお芝居をしなきゃいけなくて。でも、ずっと遣都さんが朝から一緒にお散歩したり、ずっとそばにいて、本当にワンちゃんが遣都さんには心を許していたんです。ワンちゃんとの結束力がすごかったので感動しました」と撮影を振り返った。


林は同シーンの撮影について「今回撮影監修についてくださった動物トレーナーのZOOさんから『とにかく会話をしてあげてください』と言われたので、ずっと2人っきりでしゃべってました。ワンちゃんもどんどん表情が明るくなっていった。思い出すだけでちょっとうるっときますね」としみじみ語る。

浅香もこのシーンには想い入れがあるそうで「颯太さんには行くけど、(浅香演じる)秋田には怯えていなきゃいけないってことで、ニコとは撮影前に接しないようにして怖がってもらうようにしていましたが、ニコを引き取ってくれる家族が見つかった時にはジーンときました」とそれぞれが撮影で心を揺さぶられたようだ。

ちえが林遣都をなめまくる
ちえが林遣都をなめまくる

その後、Novelbrightの竹中が登場し、主題歌「ライフスコール」のサビの部分をアカペラで歌いあげると、全員が「かっこいい!」と拍手し、林も「やばい。鳥肌が!」と大興奮だった。

最後に林は「たくさんの動物たちが、撮影現場の特殊な環境で、負担があったなか、僕たちや映画を作りたいと思った方々、獣医さんなどみなさんの想いを、スクリーンのなかで体現してくれたなと。今日からその想いが1人でも多くの人に届いて、動物の未来が少しでも明るくなっていくことを心から祈ってます」と締めくくった。

取材・文/山崎伸子