いよいよ“マルチバース”実現へ!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告&場面写真初披露|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/24 18:01

いよいよ“マルチバース”実現へ!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告&場面写真初披露

トム・ホランドが主演を務めるマーベル・シネマティック・ユニバース版「スパイダーマン」シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(公開日未定)より予告映像と場面写真が解禁。前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)の続きとなる場面が描かれている。

2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』より新たにMCU入りした本作では、高校生のピーター・パーカー(ホランド)が学生生活やヒーローとしての活動、恋愛模様など様々なことに苦戦しながらも、師匠であるアイアンマンの鉄の意志を受け継ぐべく奮闘していく姿が映しだされている。前作『ファー・フロム・ホーム』では、ホログラム技術を武器に襲いかかるミステリオ(ジェイク・ギレンホール)を倒したピーターが、ミステリオの企みにより世界中に正体が明かされてしまうという衝撃のシーンで幕を閉じた。

今回解禁となった予告映像では前作の直後の物語が描かれており、ミステリオ殺害の容疑を掛けられたピーターの姿が。マスコミや同じ学校に通う生徒らからも囲まれるなか、普段と変わらず接する親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)や、ピーターと手をつなぐMJ(ゼンデイヤ)、さらにおばのメイ(マリサ・トメイ)らが映され、彼らへ迷惑がかかることを危惧したピーターは、アベンジャーズとしてともにサノスと戦ったドクター・ストレンジのもとへと訪れる。


ストレンジは人々の記憶からピーターがスパイダーマンであることを消す呪文を唱えるが、時空の歪みが発生したことで“マルチバース”が出現。サム・ライミ監督版『スパイダーマン』(02)に登場する“グリーンゴブリン”の武器であるパンプキンボムや『スパイダーマン2』(04)のドック・オクことDr.オクタビアスと、別世界のヴィランらが立ちはだかる。二つの人生を同時に歩み始めることとなったピーターは、いずれか一つを選ぶようにストレンジから警告されるのだった。

たびたびマルチバースが噂されていた『:ノー・ウェイ・ホーム』だが、いよいよそれが実現する形に。過去のスパイダーマン作品と登場人物が、本作にどのように関係してくるのか、ほかにもキャラクターは登場するのか?ますます最新作への期待が高まる!

文/サンクレイオ翼

関連作品