菅田将暉主演『CUBE 一度入ったら、最後』主題歌は星野源!「わーきゃー叫びながら、爆音で聴いて」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/9/15 7:00

菅田将暉主演『CUBE 一度入ったら、最後』主題歌は星野源!「わーきゃー叫びながら、爆音で聴いて」

菅田将暉が主演する『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)の主題歌が、星野源書き下ろしの新曲「Cube」に決定。超強力タッグが実現した本作より、このたび主題歌入り最新予告編と新たな場面写真が到着した。

目的も正体も不明のCUBEの中に閉じ込められる!
目的も正体も不明のCUBEの中に閉じ込められる![c]2021「CUBE」製作委員会

本作は、密室ものの先駆けとして、世界中でカルト的人気をほこるヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』(97)、初の公認リメイク。主演の菅田をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎ら実力派俳優陣が集結し、謎の立方体「CUBE」を舞台に全世界を巻き込む2021年一番”ヤバい”劇薬系密室エンタテインメントを誕生させた。

星野が映画へ新作を書き下ろすのは『ドラえもん のび太の宝島』(18)以来3年ぶり。主題歌「Cube」は、「未来閉ざした もう終わりさ すべてに希望が見えない 振られた賽の中 閉じ込められた」という歌詞で始まり、突然謎の立方体に閉じ込められた男女6人の情景が浮かぶ、本編に寄り添った曲となっている。楽曲制作前にオリジナル版と日本リメイク版『CUBE』を観たという星野は、「己と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが生まれていき、それを音と言葉に封じ込めました」と振り返り、「ぜひ、わーきゃー叫び ながら、爆音で聴いてください」とコメントを寄せた。


主題歌入りの本編を鑑賞した菅田は「映画が最後星野さんの音楽によってその悲しみや後ろめたさは残したまま希望を持って前に進める作品になる気がしました」と語り、清水康彦監督も、「我々がCUBEで最も伝えたいことを、星野さんに描いていただけたように感じました」と絶賛している。

解禁となった最新の予告編では、星野の主題歌が流れる中、謎の立方体=CUBEに閉じ込められた6人の姿が次々と映し出される。この6人は一体どんな人間なのか、より想像を膨らませるような映像となっている。また、死のトラップに直面した後藤裕一(菅田)が必死に生き延びようとする姿を映した新たな場面写真も2点解禁された。

公開まであと1ヶ月。繰り返し観たくなる依存度MAXの予告編で、深まる謎の世界を堪能したい。

関連作品