劇場でジャズが響く!石塚真一原作「BLUE GIANT」アニメーション映画化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
劇場でジャズが響く!石塚真一原作「BLUE GIANT」アニメーション映画化決定

映画ニュース 2021/10/21 8:00

劇場でジャズが響く!石塚真一原作「BLUE GIANT」アニメーション映画化決定

シリーズ累計770万部を突破する人気漫画「BLUE GIANT」がアニメーション映画として2022年に公開されることが決定。あわせて原作者、石塚真一によるコメントと石塚描きおろしの特別イラストが公開された。

原作の「BLUE GIANT」は、ジャズに魅了された少年、宮本大が、仲間とともに世界一のジャズプレーヤーを志す物語。2013年の連載開始以来「マンガ大賞2016」で3位選出、第62回「小学館漫画賞(一般向け部門)」を受賞、さらに第20回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」を受賞するなど、高い評価を得ている。

今回の映画化に際し石塚は「漫画から音が聞こえるという意見をたくさんいただきました。それはすべて読者のみなさんの豊かな想像力が鳴らしてくれた音楽です。今回、映画化にあたり、凄いメンバーが集まって、皆さんがイメージする音楽、いや、きっとそれ以上の音を作ってくれています」と映画化への期待をコメント。石塚のコメントにもあるように、“音”がキーとなる本作は、制作陣の「最大の音量、最高の音質で、主人公本人の奏でる音楽を届けたい」という思いから、初の映像化は実写やアニメシリーズではなく、アニメーション映画としての制作が決定したという。


映画化決定にあわせて石塚が描き下ろした特別イラストは、登場キャラクター3人を描かれており、ライブ直前の高揚感とこれからなにかが起こりそうな期待感があふれでた一枚となっている。

はたして、劇場の大スクリーンと音響設備による「BLUE GIANT」の音楽はどのように響くのか?漫画のキャラクターたちが生き生きと動き回るアニメーション映画化を楽しみに待ちたい。