『エターナルズ』の戦いの前にはなにがあった?MCUヒーローたちが乗り越えてきたヤバい危機|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/11/14 17:00

『エターナルズ』の戦いの前にはなにがあった?MCUヒーローたちが乗り越えてきたヤバい危機

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、フェーズ3が完結するまでの10年間、ヒーローたちが集結し協力することで多くの危機を乗り越えてきた。そして、アベンジャーズにとってひと区切りとなる大きな戦いを終えたことで、MCUは新たな段階=フェーズ4へと突入。今回は、MCU世界における宇宙規模の物語が紐解かれ、次なるステップに向かう『エターナルズ』(公開中)をより楽しむために、ヒーローたちがこれまでに乗り越えてきた苦難と戦いを再チェック!その規模の大きさの順に振り返っていく。

結成後初陣!6人vs大規模ロキ軍団という超不利戦『アベンジャーズ』(12)

【写真を見る】創設当初はアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーを筆頭にわずか6名だったアベンジャーズ(『アベンジャーズ』)
【写真を見る】創設当初はアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーを筆頭にわずか6名だったアベンジャーズ(『アベンジャーズ』)[c] 2021 Marvel ディズニープラスで配信中

地球規模の危機に備え、国際平和維持組織“S.H.I.E.L.D.”の長官であるニック・フューリーが集めたヒーローチーム、アベンジャーズ。邪神ロキ率いる宇宙人種族チタウリによる地球侵略に対し、たった6人で立ち向かうというシチュエーションはなかなかに過酷であり、その後もこれだけ数字的に劣勢な戦いは起こっていない。少人数であれだけの大規模軍隊を撃退することができたのは、チームワークによって引き寄せられた“奇跡”があったからと言えるだろう。ニューヨークでの侵略戦を乗り越えることで、アベンジャーズの新たな歴史が始まるが、この戦いはその後に訪れるサノスとの戦いの序章であり、さらなる苦難の幕開けとなる戦いだった。


ソーの義弟であるロキは侵略のため地球に降臨する(『アベンジャーズ』)
ソーの義弟であるロキは侵略のため地球に降臨する(『アベンジャーズ』)[c] 2021 Marvel ディズニープラスで配信中

考え方の違いにトドメを刺した“仲間割れ”エピソード『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)

それぞれの正義がぶつかり合い、結果仲間割れへとつながっていく(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)
それぞれの正義がぶつかり合い、結果仲間割れへとつながっていく(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)[c] 2021 Marvel ディズニープラスで配信中

地球の支配をもくろむ人工知能ウルトロンとのソコヴィアでの戦いで露呈した、アイアンマン/トニー・スタークとキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースの“脅威”に対する考え方の違い。わずかに生じた溝が深まり、決裂が決定的になってしまったのが本作だ。戦いの規模で言ってしまえば、チタウリによる侵略や、後述するウルトロンの計画阻止の方が大きいが、“仲間割れ”という身内での信用問題という心理的な部分でのヒーロー同士の敵対は、「敵の脅威を取り除けば終わり」という戦いとは異なり、決着のハードルがかなり高かった。事実、ヒーロー同士の仲間割れを計画した黒幕ヘルムート・ジモを捕まえて事件自体は乗り越えることができたものの、すべては丸く収まらず、ここで発生したトニーとスティーブの仲違いが解消され、本当の意味で危機を乗り越えるまでにはかなりの年月が必要となった。

■Disney+(ディズニープラス)
ディズニープラスは、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も。ここでしか見られないオリジナル作品も見放題。

関連作品