最新作で12作目!スラッシャーホラーの傑作『ハロウィン』のややこしすぎる分派の歴史|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/11/13 20:00

最新作で12作目!スラッシャーホラーの傑作『ハロウィン』のややこしすぎる分派の歴史

スラッシャー映画の金字塔として燦然と輝く『ハロウィン』。1978年の第1作以降、多くの作品が作られてきたことが、その人気の高さを証明しているだろう。現在、公開中の最新作『ハロウィン KILLS』で、実にフランチャイズ12作目となるが、作品数の多さゆえにどの作品がどの作品につながっているのか、複雑化しているのが困るところ。そこで今回は「ハロウィン」シリーズの分派の歴史を解説していきたい。

世代を超えて血縁に固執するマイケルが描かれた初代ルート

ハロウィンの夜にハドンフィールドの街を襲う恐怖を描いた傑作ホラー『ハロウィン(1978)』
ハロウィンの夜にハドンフィールドの街を襲う恐怖を描いた傑作ホラー『ハロウィン(1978)』[c] Compass International Pictures/ Courtesy: Everett Collection

1978年に巨匠ジョン・カーペンター監督によって生みだされた1作目『ハロウィン』は、6歳の少年マイケル・マイヤーズが、姉のジュディスを包丁で殺す衝撃的な場面から幕を開ける。それから15年後、大人になったマイケルが精神病棟から逃亡し、恐怖のブギーマンとしてハドンフィールドの街で女子高生のローリー(ジェイミー・リー・カーティス)らを襲う姿が描かれた。

ローリーに関する衝撃の事実が明らかになった『ブギーマン(1982)』
ローリーに関する衝撃の事実が明らかになった『ブギーマン(1982)』写真:EVERETT/アフロ

その続編となるのが、『ブギーマン』(82)だ(日本公開時のタイトル。原題は『ハロウィンII』)。前作のラストで銃弾を浴びまくりベランダから転落しながらも、行方をくらましたマイケル。一方、ローリーは病院に担ぎ込まれることに。そんな彼女のもとにまたもやマイケルが姿を現し…と、1作目の直後のストーリーが語られていく。ローリーが実はマイケルの妹だったために執拗に狙われる、という理由が提示されたのもこの作品だった。

マイケルが復活して大暴れし、ローリーの娘を襲う『ハロウィン4 ブギーマン復活』
マイケルが復活して大暴れし、ローリーの娘を襲う『ハロウィン4 ブギーマン復活』[c] Galaxy International/courtesy Everett Collection

そのまま『ハロウィンIII』(82、日本劇場未公開)へと続いていくのかと思いきや、まさかの1作飛ばしての続編となった『ハロウィン4 ブギーマン復活』(88)では、タイトル通り、マイケル(&一緒に燃えたはずのルーミス医師)が再登場。ローリーは出てこず、恐怖の矛先はローリーの遺児である少女ジェイミーに向けられることになる。

ローリーの遺児ジェイミーがターゲットにされていく(『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』)
ローリーの遺児ジェイミーがターゲットにされていく(『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』)[c] Galaxy International Releasing /Courtesy Everett Collection

さらに5作目『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』(89)では、前作でマイケルに操られたショックから失語症となり入院しているジェイミーの前に再びマイケルがカムバック。その6年後を描く『ハロウィン6 最後の戦い』(95)では、マイケルに心酔するカルト集団に捕まっていたジェイミーが子どもを出産するところから始まると同時に、ローリーの義父の弟であるジョン・ストロード家の面々にもマイケルは目をつけていく。

ルーミス医師もちゃっかり復活しているのはご愛敬(『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』)
ルーミス医師もちゃっかり復活しているのはご愛敬(『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』)[c] Galaxy International Releasing /Courtesy Everett Collection

ルーミス医師を演じていたドナルド・プレザンスが1995年に亡くなったこともあってか、『ハロウィン6』で終了となったこのルート。シリーズを通して血縁に固執するマイケルを軸にしつつ、時にはテレパシーやオカルト的要素が盛り込まれたり、『ハロウィン6』ではよく考えれば一切血縁関係のないストロード家が狙われたり、長く続いているがゆえの迷走もある愛嬌たっぷりの作品だった。

マイケルに心酔するカルト集団まで登場する『ハロウィン6 最後の戦い』
マイケルに心酔するカルト集団まで登場する『ハロウィン6 最後の戦い』[c] Dimension Films/courtesy Everett Collection

マイケルが登場しない外伝的な『ハロウィンIII』
マイケルが登場しない外伝的な『ハロウィンIII』写真:EVERETT/アフロ

ちなみに『ハロウィンIII』は番外編で、ハロウィンマスクメーカーの社長が、マスクを通じて巨悪を働こうとするというトリッキーなストーリーが展開。マイケルが登場しなかったため、評判も思わしくなく『ハロウィン4』で元の路線へと戻されることになった。

ローリーを復活させ、2作目から続く物語を新たに構築するも…

ジェイミー・リー・カーティスがフランチャイズにカムバックした(『ハロウィンH20』)
ジェイミー・リー・カーティスがフランチャイズにカムバックした(『ハロウィンH20』)[c] Dimension Films/Courtesy Everett Collection

そんな『ハロウィンIII』以降をなかったことにし、途中から登場しなくなったローリーを復活させたのが、2作目からの続編として新たに作られた『ハロウィンH20』(98)のルートだ。

20年前の惨劇を生き延びたローリーは、ケリー・テイトと名前を変えて、全寮制私立高校の教頭となっていた。事件のトラウマから一時期アル中となり、ハロウィンの時期になると神経質で過保護な彼女に、高校生の息子ジョンはうんざり。ハロウィンの夜も、ジョンには友達と泊まりで遊びに行く計画があったが、ローリーがそれを許さず、代わりに校舎でパーティーを開くことに。だが、そこにマイケルが現れ、ローリーは再び彼と対峙することになる。

『ハロウィン レザレクション』では、ローリーは精神病患者のふりをしてマイケルをおびき寄せるが…
『ハロウィン レザレクション』では、ローリーは精神病患者のふりをしてマイケルをおびき寄せるが…[c] Miramax/courtesy Everett collection

そして、『ハロウィンH20』で首チョンパされてマイケルが死んだかと思いきや、それは人違いだったという強引な話運びによって成立している続編『ハロウィン レザレクション』(02)。前作の事件のショックから精神病院に入院していたローリー。しかし、病気はマイケルをおびき寄せて殺すための嘘であり、彼と相見えることになるのだが…。


メインとなる物語はマイケルの生家で繰り広げられる(『ハロウィン レザレクション』)
メインとなる物語はマイケルの生家で繰り広げられる(『ハロウィン レザレクション』)[c] Miramax/courtesy Everett collection

本作のメインは、マイケルの生家でネット中継をするお調子乗りな若者を襲う恐怖であり、ローリーが登場するのは冒頭のみ。前作から無理やりつなげた割にはなんともあっさり殺されてしまう衝撃的な1作で、ローリーが死んだこともあってか、このルートは『レザレクション』で終わりを遂げた。