森川智之&宮野真守が日本語吹替え!『トップガン マーヴェリック』来年5月日米同時公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/11/21 9:00

森川智之&宮野真守が日本語吹替え!『トップガン マーヴェリック』来年5月日米同時公開決定

公開延期となっていた『トップガン マーヴェリック』が、2022年5月27日(金)に日米同時公開となることが決定。あわせて同作の日本語吹替版キャストとして森川智之、宮野真守の参加が発表となり、メイキング映像の日本語吹替え版が公開された。

本作は、トム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた『トップガン』(86)の続編。アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”で天才と呼ばれた男、マーヴェリック(クルーズ)が教官となり、再び空へと飛び立つ。そして、新人たちの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿も。ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み二人は対峙する。

数々の作品でクルーズの日本語吹替を務めてきた森川は「青春の思い出の作品です。前作から時を経た物語、一体マーヴェリックがどんな人生を歩んできたのか、私を含め世界中のファンの皆さんが興味を持たれていると思います。その時がいつか必ず来ると信じていたので、準備万端で収録に臨みました」と特別な想い入れを明かす。

また、ルースター役を担当する宮野は「因縁めいた想いのもと、対峙する二人。男たちの、熱い感情のぶつかり合いには、僕も演じていて、心が滾り、目頭が熱くなりました」と同作がドラマティックな展開であることを示唆している。


到着したメイキング映像の日本語吹き替え版では同作の撮影で敢行された、壮絶な飛行シーンに挑むクルーズやテラーたちの姿が捕らえられている。極限までハードなスカイアクションが痛快で、危険を顧みない男たちの姿が見る者の胸を熱くする本作。いまから来春の公開が待ち遠しい。