北村匠海が映画『とんび』の魅力に迫る公開記念特番が到着!阿部寛との役を超えた絆とは?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
北村匠海が映画『とんび』の魅力に迫る公開記念特番が到着!阿部寛との役を超えた絆とは?

映画ニュース 2022/3/3 8:00

北村匠海が映画『とんび』の魅力に迫る公開記念特番が到着!阿部寛との役を超えた絆とは?

『護られなかった者たちへ』(21)の瀬々敬久監督と『あゝ、荒野』(17)の脚本家・港岳彦がタッグを組んで描く『とんび』(4月8日公開)。阿部寛と北村匠海が共演する同作より、公開記念特番と場面写真が到着した。

【写真を見る】阿部寛と北村匠海の人気実力派俳優2人の競演も見どころ!
【写真を見る】阿部寛と北村匠海の人気実力派俳優2人の競演も見どころ! [c] 2022『とんび』 製作委員会

本作は、重松清のベストセラー小説を原作とする家族の絆の物語。阿部が破天荒ながら愛すべき父のヤス、北村が父の愛情を一身に受けて育つ息子のアキラを演じるほか、薬師丸ひろ子、杏、安田顕、大島優子、麻生久美子ら豪華キャストが集結する。

昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。家族のために運送業者で懸命に働くヤスは、妻(麻生)と息子のアキラとともに幸せに暮らしていた。しかし最愛の妻が事故で亡くなる。悲しみに暮れる暇もなく、人情に厚い町の人々の手を借りて不器用だが愛情深く息子を育てるヤス。そして母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスはたった一度の“大きな嘘”をついてしまう。

解禁された公開記念特番では、北村が本作の魅力をナビゲートする。北村はオファーを受けての感想や、阿部との共演について「子どもの頃から色々な作品を観てきましたが、実際にお会いするととてもチャーミングな方でした。芝居の中での言葉ひとつひとつが重く、父親としての阿部さんの思いを、肌で感じることができました」と語るなど、北村と阿部の役柄を超えた絆も感じられる映像となっている。また、あわせて到着した場面写真6点では、ヤスとアキラ親子2人で過ごした時の移り変わりがうかがえるシーンが切り取られた。


昭和から平成、そして令和になっても揺るぎない親子の不滅の絆が胸を打つ『とんび』。新たな時代への希望も予感させる感動作の公開を期待して待とう。

文/足立美由紀

関連作品

  • とんび

    4.3
    396
    瀬々敬久監督×阿部寛主演×北村匠海共演で重松清の原作小説「とんび」を映画化
    Amazon Prime Video