米津玄師の描いたウルトラマンがジャケットに!『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」パッケージ写真が公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
米津玄師の描いたウルトラマンがジャケットに!『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」パッケージ写真が公開

映画ニュース 2022/5/7 18:30

米津玄師の描いたウルトラマンがジャケットに!『シン・ウルトラマン』主題歌「M八七」パッケージ写真が公開

庵野秀明が企画・脚本を務め、『シン・ゴジラ』(16)をはじめ数々の傑作を庵野と共に世に送り出してきた樋口真嗣が監督を務める『シン・ウルトラマン』(5月13日公開)。このたび本作の主題歌である、米津玄師の歌う「M八七」のシングルパッケージ写真が公開された。

昨年放送開始から55周年を迎え、日本のみならず海外でも根強い人気を誇る“ウルトラマン”。その企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く本作。主人公の“ウルトラマンになる男・神永新二”役を演じるのは斎藤工。その相棒となる浅見弘子役を長澤まさみが演じるほか、西島秀俊やHey!Say!JUMPの有岡大貴、早見あかり、田中哲司ら実力派キャストが集結。

いまの音楽業界をあらゆる世代を含めて牽引する存在であり、その楽曲の持つ世界観に底知れない力があると、庵野や樋口監督をはじめとした製作陣の満場一致で主題歌にオファーされた米津。米津のアイデアに庵野がリクエストを出して書き下ろされた主題歌「M八七」は、先日解禁された予告映像のなかでお披露目されており、巨大不明生物“禍威獣”に立ち向かう禍特対(カトクタイ)メンバーたちの繰り広げるドラマと、“銀色の巨人”ウルトラマンの戦いへの期待感を大いに高めている。


この主題歌が収録されたニューシングル「M八七」には表題曲に加え、「POP SONG」と「ETA」の計3曲が収録。パッケージはリフレクターケースにレーザーカプセルが同梱される特殊仕様の「ウルトラ盤」と、シルバーのデジパックにミュージックビデオ等を収めたDVDが付属する「映像盤」、そして米津自身が描いたイラストがジャケットとなった「通常盤」の3形態で展開となり、いずれも初回限定。また初回特典としてライブツアー「米津玄師 2022 TOUR / 変身」の最速先行抽選シリアルナンバーが付属するとのこと。

「M八七」は5月18日(水)に発売。是非とも『シン・ウルトラマン』と共に楽曲の世界観を余すところなく堪能してみてはいかがだろうか。

文/久保田 和馬

関連作品